逢魔が時物語マークThe Ghost Paradise
「逢魔が時(おうまがどき)」売店






逢魔が時物語W 本




視・聴・縛・戦・感・異 …六つの扉にぎっしり封印された最新の恐怖譚。シリーズ最怖の本。




怖すぎて、不思議すぎて

とてもメルマガには

掲載できない話ばかり。



\1200
定価\1575を割引き

B6サイズ単行本/282ページ
omaproject刊
執筆 雲谷斎



       ご注文はこちらから

            ←ポチッ!







       本とCDセットなら さらにお得!
          
定価\3150→\2300
         ←ポチッ!




掲載話

・トレッキング ・実家の階段 ・救いのメール ・軍服の男 ・プレデター ・地下二階
・アウトバーンの夜 ・ファーストアルバム ・侵入 ・沖縄の民宿 ・第七仮眠室 ・落丁本
・葬儀の後 ・厄災の女子寮 ・霊道マンション ・戦死者の部屋 ・同居人 ・試験会場
・外周道路 ・訳あり部屋 ・キャンプ場の噂 ・防空壕 ・肝試し ・温泉宿
・スロー再生 ・一階トイレ ・手招き ・巡検 ・写メール ・トンネルの時間
・赤い服 ・北枕の家 ・憑依の危機 ・おすすめ物件 ・命の携帯
・ラヨンの海 ・古い寮 ・一年後の真実 ・城跡 ・個室
・チャット ・隣の客室 ・友人の誘い ・引っ越し先 ・蛇口
・職場の女 ・CD異変 ・モデル人形
・シャワーの音 ・絵本 ・袈裟がけ
・13号室 ・すれ違い ・ひとがた奇譚
・水溜まり ・化け物屋敷
・放課後の友達
・自殺の名所
・幽霊見物







読者からの感想


 「今まで聞いたことのない話が」 豆狸さん(女性)


逢魔が時物語第4弾の本が先日届き、さっそく拝読しました!

一番印象に残っている話は「命の携帯」です。
特別怖いわけではありませんが、病人の容体と携帯電話の音量が
リンクするというのは、今まで聞いたことのないタイプの話で、面白く
感じました。

怖いという点では「軍服の男」が一番です。
軍人が徐々に顔を上げ、半分潰れた顔が露わになる場面は強烈
でした(冷汗)。

雲谷斎さんの体験談「ひとがた奇譚」もすごい話ですね。
衆人環視の中で怪異を起こす人形、よほど強いパワーを持って
いるのでしょうね。
どんな過去のある人形なのか分からないところが逆に不気味
です。




  「文章が格段に読みやすい」
 
M・Kさん(男性)


第4弾本CDが届き受領しました。
本はまだ読み始めたところですが、とりあえずは文章が格段に
読みやすくなっていると思います。

静かに心を落ち着かせて読みながら目を閉じると、頭の中に
イメージが反映されるような感じです。

私の将来的な希望としては、日本の文化として怪談が認められ、
逢魔が時物語のお話が学校の教科書にでも載るようになれば
いいなぁと思います。




   「装丁が落ち着いている」
 
えびさん(女性)


逢魔が時物語第4弾が無事に届きました。

装丁が落ち着いていて、とても良い感じですね。
字も大きくて読みやすく老眼持ちには有り難いですww

今日、届いたばかりで、パラパラと捲っただけですが、
第1弾から買い続けているので内容は面白いと確信しています。

これから、ゆっくりじっくり読みたいと思っています。
では取り急ぎご報告まで。



  「クオリティの高さに満足」
 
K・Jさん(女性)


本とCD、きちんと届いております。
CDは部屋を暗くして雰囲気満点で楽しみ、本は会社の
お昼休み中に読ませていただきました。

相変わらずのクオリティの高さに大満足です。
ありがとうございました!






本とCDのフロアへ