本当にあった怖い話・不思議な話


【 メルマガ怪談集 】







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪≪≪ 金属音 ≫≫≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






 まだ自分が高校三年だった夏のこと。

 大阪の箕面にある自宅の部屋で、特異な金縛りを体験した

 受験勉強と遊びに、それなりに忙しい日々を送っていた。



 その夜、ちょうど十二時頃に布団に入った。

 いつものようにカセットデッキで音楽をかけながらうとうとしていた。

 すると、耳元で急に高い金属音が鳴り響き、そのまま金縛りに。


 
 どうやって金縛りが解けたのかは思い出せない。

 やっと解放されたときにはカセットの両面が終了間近だった。

 つまり、180分近くは経っているはず。



 しかし、不思議なことが。

 時計を見ると、たった数分しか経っていなかった。


 
 その頃はよく金縛りに遭っていたので、それほど恐怖感もなかった。

 気を取り直して、改めて布団をかぶって寝ようと目をつぶった。

 するとまた、二度目の金属音が徐々に耳を襲ってくる。



 このままでは、また金縛りに遭うと思った。

 まだなんとか体が動くうちに、枕元のスタンドに手を伸ばした。



 それが限界だった。

 スイッチを点けると同時に、とうとう金縛りに遭ってしまった。

 横を向いたままの姿勢で、体の自由が奪われてしまう。



 恐怖を感じて目をつぶり、ひたすら過ぎ去るのを待った。

 どれほどの時間が経ったのか、やっと目を開ける勇気が出た。

 恐る恐る両目を開けたときに見えたもの……。




 見えるはずの壁ではなく、

       
すぐそばで睨む怖ろしい男の顔だった。




 そのまま失神して朝を迎えた。

 それ以降も何度も金縛りに遭ったが、今でも忘れられない体験だった。




 投稿のストーリーを変えることなく、雲谷斎が加筆・執筆しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■投稿:サーフィンパパさん(男性・兵庫県)

 ◆雲谷斎のイッチョ噛み
  「金属音とともに現れたおっさんの顔ですか。
  なんですやろねぇ、お前は住友軽金属のまわし者か」

  
◆2018.03.10発行 逢魔が時物語メルマガ 【縛】にまつわる怪談より
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



メルマガ登録(無料)はここから