本当にあった怖い話・不思議な話


【 メルマガ怪談集 】







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪≪≪ 撫で撫で ≫≫≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






 じつは、あれは心霊体験だった! と断定する確信はない。

 夢だったのかも知れないが、夢にしては生々し過ぎるのも確か。



 冬のある日、二階の自分の部屋で寝ていた。

 目覚めて時計を見ると、朝の八時頃だったと記憶している。

 休日だったので、もうひと眠りと頭から布団をかぶった。



 それは少し時間が経ったときだった。

 パシャ! パシャ!

 隣りの部屋からシャッターを切るような音がした。



 同時に、部屋の中にふっと人の気配が降りてきた。

 階下に母がいたので、初めはオフクロかと単純に思った。

 その途端、突然金縛りが襲ってきた。




 母ではない
『何か』が、

      
じわじわと忍ぶように近寄って来る。




 やがて、布団の上から全身を撫で回しはじめる。

 そして、撫で回しながらボショボショと何かを呟いている。



 オフクロと違うと確信し、夢だと思いながらも心の中でお経を唱えた。

 その何かは執拗に体を撫で回し続けている。

 その度に、痛いとも痒いとも、くすぐったいともつかない感触がする。



 幸運なことに、体の一部がほんの少し動くようになった。

 それをきっかけに、全力で飛び起きたが、もちろん辺りには誰もいない。

 体中撫で回された、身震いするほど気持ち悪い感触だけは残っていた。




 投稿のストーリーを変えることなく、雲谷斎が加筆・執筆しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■投稿:ひろみつさん(男性・京都府)

 ◆雲谷斎のイッチョ噛み
  「訳のわからんもんに撫で撫でされてもなぁ……。
  虫唾が走るっちゅうのはこういうことを言うんですやろ」

  
◆2018.03.30発行 逢魔が時物語メルマガ 【縛】にまつわる怪談より
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



メルマガ登録(無料)はここから