本当にあった怖い話・不思議な話


【 メルマガ怪談集 】







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪≪≪ 手のりセキレイ ≫≫≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






 お墓参りの怪談話で、よく奇妙な蝶や蛾や鳥の話を聞く。

 じつは、私も両親のお墓参りの帰路、ドライブインで奇妙な体験をした。



 季節は秋、岡山方面へ兄弟とお墓参りに行った。

 車で片道四、五時間かかるので、帰路にドラィブインで休憩することに。

 食事の後、まだ時間があるので二人でベンチに座った。



 タバコを吸っていると、目の前にセキレイという鳥が舞い降りた。

 「野鳥なのに、目の前に降りてくるなんて珍しいなぁ」

 二人でちょっと驚いて話していた。



 えびせんがあったので、潰して鳥の方へポイと投げてやった。

 逃げるだろうと予想していたのに、動じないどころか食べはじめた。



 面白くなり、3メートル、1メートルと撒く距離を短くしていった。

 とうとう、えびせん求めて足元付近までやって来る。

 この鳥は野生なのに、この警戒心の無さは有り得ないと思った。



 さすがに手の平では無理だろう思ったが、試しにエビセンを手の平に。

 すると、驚いたことに手の上にポンと乗って、ついばみはじめた。



 信じられない鳥の行動は五分ほど続いた。

 地面に手を置くと、セキレイはピョンと手の平から地面に下りた。



 セキレイを確認から二十分ほどの奇跡。

 他にも客がベンチにいたが、それらには目もくれず近づいてきたのだ。

 よほど、えびせんが好きなのか……?



 私もインコ、文鳥などを飼っていたのでわかるのだが、

 ここまで警戒心のない鳥は初めてだった。




 これはもしかして、両親のどちらかが姿を変えて逢いに来たのかと思う。




 投稿のストーリーを変えることなく、雲谷斎が加筆・執筆しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■赤同鈴之助さん(男性)

 
◆雲谷斎のイッチョ噛み
 「これはほっこりとする、ええ話ですね。確かに野鳥にしては珍しい。
  えびせんに目がないセキレイなんて、聞いたことないしね」


  
◆2018.04.10発行 逢魔が時物語メルマガ【獣】にまつわる怪談より
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



メルマガ登録(無料)はここから