本当にあった怖い話・不思議な話


【 メルマガ怪談集 】







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪≪≪ 白蛇の印 ≫≫≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






 私が大阪は堺市のアパートで、結婚準備を進めている頃のこと。

 ある夜、寝ていると枕元に人が立つ気配がした。

 そっと薄目を開けてみると、やはり男の足元が見えた。



 その夜からである。

 家にいると視界の隅に人影が映るようになったのは。



 以前、不思議な体験をした際に、母の知人に助言をもらったので

 実家に相談した。



 母の話によると、私の家に現れているのは母方の先祖とのこと。

 さらに、私は気づかなかったが、その男の娘も一緒にいるらしい。




 なんでも母方の先祖には、白蛇を捕まえて閉じ込めた者がいたとか。




 その白蛇が子孫に祟り、その家に生まれた女は不遇な一生を送って

 きたらしい。

 事実、母が知る限り、親戚は短命か家族に恵まれない女ばかりだった

 そうだ。



 私の元に現れたのは、望まない結婚を苦に自殺した娘と、その後を

 追った父。

 幸せそうに結婚話を進める私を見て、二人が現れたというのだ。



 知人はいまだ続く白蛇の怒りを鎮め、二人を成仏させてくれた。

 知人曰く、成仏させてもらった人は、感謝の印に雷を落とすらしい。



 数日後、偶然かも知れないが、とある工場に雷が落ちた。

 幸い工場は無人であり、火事も起こらなかった。



 しかし、工場内の機械は雷に打たれて総入れ替えになり、父に機械の

 調達という仕事が舞い込んだ。

 不況でまったく仕事の無かった父は、この仕事で一年分の収入を得た。




 投稿のストーリーを変えることなく、雲谷斎が加筆・執筆しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■道産子さん(男性・大阪府)

 
◆雲谷斎のイッチョ噛み
 「これも神秘的な白蛇にまつわる民話風の話でしたね。
  巳さんは、昔から神とされてきたから功罪どっちもあるんや」


 
◆2018.04.30発行 逢魔が時物語メルマガ【獣】にまつわる怪談より
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



メルマガ登録(無料)はここから