本当にあった怖い話・不思議な話


【 メルマガ怪談集 】







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪≪≪ 綺麗なビー玉 ≫≫≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






 あれは小学低学年だった頃。

 沖縄の那覇市にある公園で友達と遊んでいた。



 砂場で何か小さくて綺麗なビー玉のようなものを拾った。

 何とも思わず、綺麗だなと持って帰った。

 ビー玉は机の引き出しの中に、宝物として入れておいた。



 ところが怖い出来事は、その夜に起こる。

 夜中にトイレに行って部屋戻ると、見知らぬ子がいた。

 机のあちこちを探っている。



 すぐ、その子はこちらに気づいた。

 「僕のビー玉を返せ!」

 とてつもない大声で叫んで、こっちに向かって来る。



 何がなんだか訳がわからなかった。

 呆然と立ち尽くしていた時、その子の顔を見てしまった。




 真っ白の肌に真っ赤な唇、目は片方が無かった。




 初めて体験した恐怖に固まっていると、足を殴られた。

 痛さかショックかで、その場で気絶してしまったようだ。



 ビー玉は次の朝、公園の砂場に戻しておいた。

 それからはその子を見ることはなかった。



 何日かして、また砂場に遊びに行くと、どこからか声がした。

 「僕のビー玉、もう取らないよね?」




 投稿のストーリーを変えることなく、雲谷斎が加筆・執筆しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■Y・Aさん(男性・沖縄県)

 
◆雲谷斎のイッチョ噛み
 「その子の宝物やったんやろなぁ・・・そんなん知らんがな。
  普通はビー玉見つけたら、持って帰るっちゅうねん」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



メルマガ登録(無料)はここから