本当にあった怖い話・不思議な話


【 メルマガ怪談集 】







有り得ないものが見える怪異
【視】にまつわる怪談



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★ 修道女 ★★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






 気持ち悪いことがあった。

 夕方、山口市の商店街にある店舗の警備に向かう途中のこと。



 家から程遠くないので、自転車で行った。

 小径の折りたたみ自転車。

 歩くよりは、少し速い程度のスピードだ。



 小さな駐車場の前を通り過ぎようとしたその時、だった。

 不意に左の視界の端に女の姿を捉えて、ビクッとした。

 駐車場の入り口にあるフェンスの角に、ボーッと立っている。



 足首まである黒いコートのようなものを身にまとっている。

 黒髪か、あるいはフードを被っているように見えた。

 肩の辺りに、白っぽいショールのようなものを纏っている。



 まず、パッと頭に浮かんだのが、修道服だった。

 身長は百六十センチに満たないくらい。



 肩幅は異様に狭く、三十センチぐらいか……?

 フードの下には顎の細い、十センチ程の小さな白い顔が……



 無い! 顔が無い! ただ、真っ白。



 和紙人形の顔を想像してもらったらわかるだろうか。

 気持ち悪っ! と思った。



 直後に、男の歩行者とすれ違う。

 振り返って見ると、男はその女の前を何事もなく歩き去って行く。


 あの異様な姿が見えていないのかも知れない。

 その後、私は二度と振り返らずに先を急いだ。




 投稿のストーリーを変えることなく、雲谷斎が加筆・執筆しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■善人悪人さん(男性・山口県)

 
◆雲谷斎のイッチョ噛み
 「のっぺらぼうの修道女? アーメンや、堪忍して。
  たぶん、見える人にだけ見えるっちゅうやっちゃね」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



メルマガ登録(無料)はここから