本当にあった怖い話・不思議な話


【 メルマガ怪談集 】







耳を襲う信じがたい怪異
【聴】にまつわる怪談



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★ 息子の部屋 ★★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






 これは私の息子の話。

 何年も前の初夏の頃、名古屋の自宅で起こったこと。



 当時、高校生になる息子を含めて、三人の子供の部屋は二階。

 私たち夫婦は一階で寝ていた。

 夜中の二時頃だったと思うが、突然電話が鳴った。



 こんな夜中に何事かと電話に出ると、電話の向こうですすり泣く声が。

 誰だと思ったら、なんと息子の声で「すぐに来てほしい」と言う。



 夜中にこっそり出かけたのかと思い、どこにいるのかを訊ねた。

 すると、なんと自分の部屋だという。

 階段を駆け上がって、息子の部屋に入ると異常に寒い。



 電気を点けるとベッドの上で息子が泣いている、しかも震えて……。

 どうしたのか訊いたところ、何かが出たというのだ。




 初めは、「うふふふ」という、女の忍び笑いがしていたそうだ。




 夢だと思って放っておいたらしい。

 すると度は、息子の顔やら体を生温かい手で撫で始めたという。



 部屋は真っ暗、しばらくは怖くて動くこともできずにいたところ、

 枕元に携帯を置いていたのに気づいて、家に電話をしたというのだ。

 異変は、私が部屋に入って明かりを点けるまで続いていたそうだ。



 それは一回きりではなかった。

 息子は卒業して、今は一人暮らしをしている。

 魅入られたのか、この女は今も時々息子のところに出るそうだ。




 投稿のストーリーを変えることなく、雲谷斎が加筆・執筆しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■リエゾウさん(男性・愛知県)

 
◆雲谷斎のイッチョ噛み
 「あちゃ〜、息子さん、女幽霊のタイプやったちゅうことですやん。
  現在もちょいちょい出るんやったら、守護霊に昇格したらええのに」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



メルマガ登録(無料)はここから