本当にあった怖い話・不思議な話


【 メルマガ怪談集 】







突然起こる硬直の怪異
【縛】にまつわる怪談



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★ あの足音 ★★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






 中学二年生だった冬、住んでいた家を建て替えることになった。

 福岡県の直方市にある、母方の祖母の家に間借りすることに。



 祖母は二軒家を持っている。

 私達が入ることになったのは、古い旅館を改造した一軒家。

 階段や座敷は昔の旅館のまま、水周りだけリフォームした家だった。



 私達が寝起きする部屋は、二階のいちばん広い座敷。

 裏は繁華街に面しており、一晩中賑やかな部屋だった。



 ある夜、家族みんなで眠っていると、私の体がまったく動かなくなる。

 しかし、目を瞑っているのに周りの状況はわかる。

 奇妙で、とても苦しい状態になり、パニックになってしまった。



 それ以来、そんなことが頻繁に起こるようになったある日。

 また金縛りのまま、いつもと違う空気になったのがわかった。



 ギ〜……ミシッ……、ギ〜……ミシッ……

 誰かが、ゆっくりと上って来る足音がした。



 (あれ? 誰か来たのかな?)

 そう思った瞬間、誰かが胸の上に乗って首を一気に絞める。

 (あー、もうだめだ!)と意識がなくなると、朝になっていた。



 我慢の日々を過ごすうちに、やっと実家が建て替わった。

 新築の二階の自分の部屋で、安心して眠れる日が来た。



 ある夜、まだ薄っすら意識があって、眠りに落ちる直前のとき。

 聞き覚えのある音がした。

 ギ〜……ミシッ……と、階段を上ってくるあの足音だった。



 (ええっ? 新築なのになんで階段の音……?)

 そう思った瞬間、また金縛りに。

 ドアがギ〜ッと開いて、何かが入ってきた気配。

 (憑いてきたんだ……)と思った。




 投稿のストーリーを変えることなく、雲谷斎が加筆・執筆しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■midomidoさん(女性・福岡県)

 
◆雲谷斎のイッチョ噛み
 「足音の主によっぽど気に入られたんでしょうねぇ。
  ついて来るのは、元祖ストーカー霊というやつや」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



メルマガ登録(無料)はここから