本当にあった怖い話・不思議な話


【 メルマガ怪談集 】







∴‥∵‥∴‥∵ 「 赤い液体 」 ∵‥∴‥∵‥∴





 仕事帰りに、いつも鹿児島県内の山道を車で通っている。

 あの異変が起きた日も、いつも通り一人で走っていた。



 一つ、いつもと違っていたのはその日が大雨だったこと。

 激しい雨で、一メートル先がやっと見えるくらいだった。

 それは山道に入って十五分くらいしたとき。



 ドンッ!

 大きな音とともに、車の窓ガラスに赤い液体がベチョッ! と付着した。



 人を轢いたのかと思い、急いで雨の中、車を降りた。

 恐る恐る車の前を見てみる……。

 そこには、何もいない。凹みもない。



 赤い液体のようなものも、雨のせいですべて流れ落ちている。

 あれが『血』だったのかも確かめることが出来なかった。

 仕方なく、また車を走らせた。



 だが、この時すでに、異変は起きていたのだ。



 次の朝、昨日のことを不思議に思いながら車に乗り込もうとしたとき。

 昨日見た赤い液体が、車の後ろのトランクにべッタリと付いていた。

 えっ! と思いつつ、そっとトランクを開けてみた。




 すると一瞬だが、そこに

 
目を見開いた女が仰向けに寝ているのが見えた。




 驚いて反射的にトランクを閉める。

 それでもトランクの中から、細く白い手が出てきたように見えた。



 怖ろしくて、慌ててその場を逃げ出した。

 落ち着いてから、妻を連れて、もう一度車のトランク辺りを見てみた。

 もう手も出ていないし、赤い液体も付いていなかった。



 恐る恐るトランクを開けてみる。

 もう、こには何もなく、何の異常もなかった。

 その後すぐ、怖くなって車を処分した。




 投稿のストーリーを変えることなく、雲谷斎が加筆・執筆しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■投稿:ぐるんぱさん(男性・鹿児島県)
 ■読者の採点 4.40点 ★★ 

 ◆雲谷斎のイッチョ噛み
  「それ、どう考えても血ですやん……いや、トマトジュースかな。
  トランクにふて寝してる女っちゅう方がコワイ」

  
◆2017.06.30発行 逢魔が時物語メルマガ【車にかかわる怪談】より
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


メルマガ登録(無料)はここから