本当にあった怖い話・不思議な話


【 メルマガ怪談集 】







∴‥∵‥∴‥∵ 「 二者択一 」 ∵‥∴‥∵‥∴





 父は脳に腫瘍ができて、広島市の病院で手術を受けた。

 麻酔が切れて意識を取り戻した父は、母に奇妙なことを言う。



 「○○町に大勢の人が集まっていて、葬式みたいだった」

 親戚の住んでいる具体的な地名を上げた。




 「お父さんはこの手術で死ぬかもと思っていたから、

  そんな夢を見たんだろうねぇ」

 母はそう私に言い、二人で顔を見合わせて苦笑いした。



 あとで様子見にやってきた叔母にその話をすると、叔母は固まった。

 本当にその日、その町で、急死した母の兄の葬儀があったという。



 同じ日に、母の夫の手術と兄の葬儀があった。

 親戚で話し合って、母には生きている夫を優先させる配慮をしたという。




 だが、亡くなったのは母の兄、
どうして父が知っているのか。




 手術中に魂が抜けて飛んでいったとか。

 亡くなった母の兄が「妹をたのむ」と別れを告げに来たとか。

 想像はいくつもできるが、不思議なことではある。




 投稿のストーリーを変えることなく、雲谷斎が加筆・執筆しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■投稿:のんのさん(女性・大阪府)
 ■読者の採点 3.50点 ★★★ 

 ◆雲谷斎のイッチョ噛み
  「生死のはざ間をさまよう時は、超常的なこと起こるんかなぁ?
  どっちか選ばなあかんというのも辛いもんですねぇ」

  ◆2017.06.15発行 逢魔が時物語メルマガ【夢にかかわる怪談】より
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



メルマガ登録(無料)はここから