本当にあった怖い話・不思議な話


【 メルマガ怪談集 】







∴‥∵‥∴‥∵ 「 夜釣り 」 ∵‥∴‥∵‥∴





 子供の頃、過ごした函館のE町の家はすぐ目の前が海だった。



 海岸には、ビルであれば四〜五階ぐらいの岩が2つ、

 海面からニョッキリと生えるように並んで立っていた。

 上まで登ることはたやすく、岩と岩との間は五十センチほど。



 そこは鰍やごっこ(布袋魚)が釣れることで、地元では好釣り場。

 しかし、事故で亡くなる人も多かった。

 夜釣りをする者が岩の上に登り、釣りに夢中になって足を踏み外す。



 ある夜、また釣り人が一人足を滑らせて落下した。

 落ちたところは、運よく岩と岩の間。

 それこそすっぽりと嵌まってしまい、気を失ってしまった。



 どのくらい経ったのか? 気がつくと、辺りで妙な気配がする。

 釣り人は足場を確かめようと、目線をゆっくりと下にやった。

 すると……ザワ、ザワ、ザワ、ザワッ……。





 そこには、蠢き、まとわりつき、海中へと引きずり込もうとする、

 
無数の手、手、手、手、手、手……。




 釣り人は、余りの出来事に気が遠くなってしまった。

 次に目を覚ますと、病院のベッドの上。

 この話を聞いた地元の者は、なるほどと腑に落ちたらしい。




 投稿のストーリーを変えることなく、雲谷斎が加筆・執筆しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■投稿:森鴎さん(男性・静岡県)
 ■読者の採点 3.67点 ★ 

 ◆雲谷斎のイッチョ噛み
  「足場の悪いとこほど、魚がよう釣れるもんなんです。
  ただね、事故死の多いとこは色んなもんが釣れまっせぇ」

  
◆2017.04.15発行 逢魔が時物語メルマガ【手にかかわる怪談】より
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



メルマガ登録(無料)はここから