本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です









 私の仕事は設備関係である。
 だから、その日も開店前のデパートで空調の調整をしていた。

 もちろん開店前の早い時間だから、お客も店員もいない。
 無人の店内は森閑としている。

 デパートやスーパーの天井には、その昔は天井に◎型をした
 丸い空調の機械が埋め込まれていた。

 その送風口から異音するので、修理をしていたのだ。
 やっと修理が終わり、まだ時間はあったので他にも音の出ている
 機械はないかと、店内を見て回っていた。

 照明も落としている暗い店内に、女の人がいるのを見かけた。
 超早出の店員さんかなと思った。

「おはようございます!」
 できるだけ元気に挨拶をした。

「おはようございます」
 向こうも小さな声で挨拶を返してくれた。

 数十メートル離れてはいたが、開店前の照明のない中、
 早朝出勤も大変だなぁと思いながら点検を続けていた。
  
 空調の仕事が終わって、デパートはいつものように開店した。
 店内に全照明が入り、店内は煌々とした明るさに満たされる。

 もうひとつ裏の設備を見るため、私はさきほどの売場を通った。
 私が挨拶の声をかけ、返事をしてくれた「女の人」がまだそこにいた。



 店員ではなくマネキンだった。ちゃんと返事をしたのに……。



 一応、販促課でマネキンの交換をしてる人がいたかを訊いた。
 そのマネキンは、一週間前からそこに出ているということだった。

 マネキンにも、愛想の良いのがいるのか。




  投稿 PITさん(男性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。







メルマガ登録(無料)はここから