本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です









 友人の貴子(仮名)が、何人かの仲間と部屋で盛り上がっていた。
 場の流れというか、ノリで怖い話をみんなでしよう、ということに。

 部屋の真ん中にはテーブルがあり、飲み物や菓子が広がっている。
 その周りを取り囲むように、みんなバラバラに座っていた。

 電気を消し、百物語のような形式で、誰かがしゃべったら
 次に誰かがしゃべる、というやり方で怪談を披露しあっていた。

 テーブルの前で、貴子は何人目の怪談を興味深く聞いていた。
 と、そのとき。



 「……やめて」小さな声が近くでした。



 男とも女ともとれる誰かの声だった。
 中には怪談が苦手の者もいるだろうし、よほど怖かったのだろう。

 誰かなと思って、貴子は周りを見わたしてみた。
 しかし、みんな一心不乱に怪談を聞いている。
 耳をふさいだりして怖がっている者はいない。

 それに、貴子以外誰もその声には気づいていない様子だった。
 気のせいかと、そのまま怪談を続けた。

 すると今度こそ、はっきりと「やめて!」という女の声がした。
 さらに、パーンッ! というラップ音も。
 部屋にいた他のメンバーは男ばっかりで、女の声がするはずがない。

「おい、今やめてって声、聞えなかったか? お前か?」

 隣りに座っていた男が話を中断して問う。
 もちろん怪談が好きな貴子が声を出すわけがない。

 貴子は自分の少し離れた後ろから聞えたと思った。
 だが、隣の男はすぐそこで聞えたぞと、貴子の真後ろを指さす。
 それは、初めの耳元に近いところでの声と一緒だった。

 残念ながら、声を聞いたのは貴子と隣りの男だけ。
 二人とも多少なりとも霊感らしきものがあるからか。

 二人は顔を見合わせた。
「……やめとこうか」

 怪談を取りやめたが、やめなかったらどうなっていたのだろう。




  投稿 お杉ちゃんさん(女性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。







メルマガ登録(無料)はここから