本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です









 Kさんが京都の大学を受験するため、京都の鷹ケ峯にある
 知り合いの家に、数日前から泊まりに来た。

 着いたその日は冬晴れだが、風が強く底冷えがしていた。
「この風をね、『比叡おろし』という言うんですよ」
 知人の家人から説明されて、ふ~んと納得した。

 次の日の朝、日の出前に目が覚めてしまった。
 外に出て、鷹ケ峯の小高い丘から京都の市街を眺めた。

 比叡おろしがは上空の淀んだ空気を吹き飛ばしたのか、
 清々しいきれいな景色が広がっている。

 だんだん陽が昇り、町が明るくなってきたとき、
 町の真ん中に変なモノがあった。それは雲の塊のように見えた。

 強風の比叡おろしが吹き飛ばしたはずなのに、まだ残っている。
 なんだあれは? と、よく目を凝らしてみた。



 京都の町の極めて狭い範囲をドーム状に蓋をしている。



 くすんで淀んだ灰色をしている。
 河原町から川を挟んで知恩院にかけての一帯のみに存在していた。

 そのエリア以外は完全にクリアなのに、そこだけレンズ状というか、
 ドーム型の雲のようなものが、カパッと町を蓋していたのだ。

 家人が起きてきたので、私が見たものを説明した。
 スモッグか川霧じゃないのと言うが、そんなものではない。

 比叡おろしにも飛ばされず沈澱していた『何か』……。
 鷹ケ峯の路上から見た、ミステリアスなモノだった。




  投稿 健康法師さん(男性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。







メルマガ登録(無料)はここから