本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です









 会社の同僚たちと、横浜にある某有名公園に行ったときのこと。

 公園に着いたのは夜九時過ぎだった。
 遊歩道を歩いていると、なぜか私だけ不思議な感じを受けたのだ。

 横浜の海の近くなので、爽やかな海風がそよ吹いていた。
 だが、遊歩道上のある地点で、突然風が無くなった。

 いや、無くなったというより、遮断されたというべきか。
 その代わり、何か動物の腐敗臭のようなものが漂っている。

 私は道をうろうろしながら臭いを嗅いでいた。
 それはどうも一定の幅で、道を横断しているようなのだ。



 そこに厚みが1メートルもの『臭いの壁』があった。



 私は臭いの壁を突破しようと、同僚たちと足を踏み入れた。
 そこは爽やかな風が抹殺され、息苦しい闇の世界が待っていた。

 水銀灯がいくつもあるので、目にする暗さはない。
 だが、空気が重い黒い霧のようで、とても息苦しい感じがした。

 堪らなくなって、私だけ臭いの壁の向こうに走って逃げた。
 しかし、同僚たちは何も感じなく、臭いもわからないという。




  投稿 H・Kさん(男性・栃木県)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。







メルマガ登録(無料)はここから