本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です









 『お手伝いのデータ整理終わりました』
 当時、スタッフだったKさんという女性からワーク完了の報告がきた。

 ただ、メールの後半は不可解な出来事が記されていた。
 『もう今度は本当にトラブル続きでございました……(T△T)』
 とマジで嘆いている様子。

 データ整理を終えて、エクセルの枠に自分のハンドルネームを
 入れようとカーソルを動かしたらしい。

 すると突然、パソコンの画面がブルー一色になった!
 (ええっ! 何これ。なんでよぉ~)
 恐らくはかなりダメージのあるエラー。

 そして、強制的に再起動がかかった。
 Kさんも今までそんなトラブルは起きたことが無かったので、甘かった。
 途中途中で保存をしていなかったのだ。

 結局、また一からやり直しという最悪の事態になったのだが、
 そこであることに気づいた。
 雲谷斎からワークをしてくれるスタッフに送られてきたあるモノ。



 京都の晴明神社で授かった、魔除けの『御札』が無くなっている!



 万一のことを想定して、パソコンに貼っておくよう言われていたものだ。
 パソコンの周りを探しても、どこにも落ちていない。
 きれいさっぱり、いつの間にかこの部屋から消滅していた。
 
 そのせい? まさかとは思いつつも、Kさんは泣く泣く再作業に
 取りかかったという。




  投稿 KANDAさん(女性・東京)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。







メルマガ登録(無料)はここから