本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








学年集会」



 その怪異な現象は、二年生のときに起こった。


 仏教系の学校ということで宗教的行事が多く、校内の至る所に
 仏像が置いてある。


 私は特に仏教の興味はなかった。
 しかし、学校行事の多くで読経をさせられることが多く、
 門前の小僧のたとえのように、念仏を唱えられるようになっていた。


 その日、学年集会があり、友人と一緒に体育館に向かっていた。
 廊下を歩いていた時、不意に私は肩をポンと叩かれた。


 誰かなと思って振り返ったが誰もいない。
 友人の悪戯だと思い、「今、肩叩いたでしょ~!」と、
 隣を歩く子に問い詰めたが、友人は知らないと首を振る。


 気のせいだったのかと、また歩き出すとまた肩を叩かれた。
 今度はそれだけではなかった。


 遠くから『ふふふ……』と含み笑いをする女の子の声が
 だんだんと近づいてくるのを感じたのだ。


 そのときも私は反射的に振り返ろうとした。
 後ろを振り向こうとした瞬間だった。




 突然、私の頭の中に、
 
  水色に輝く仏様
                   がふっと浮かび上がった。





 それと同時に『振り返ってはいけない!』という言葉が強く頭に響く。
 振り返ろうという気持ちが無くなり、そのまま体育館に着いた。


 何かタチの悪いものが居たのかも知れない。
 だが、私はそれを怖いとは思わない。


 だって、それから守ってくれている存在を感じるからだ。




  投稿 紀沙さん(女性・埼玉県)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック