本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「反対車線」



 夜十時頃、買った車の試運転で連れを乗せて走っていた。


 反対車線の前方の交差点に、ハザード点滅のタクシーが停まっている。
 後部ドアは開いているが 運転手の姿は見えない。


 じつは、反対車線にタクシーを見たときから、何か嫌な感じがあった。
 何かが起こりそうな強い予感があったのだ。
 

 念のためにスピードを落とし、ゆっくりと走る。
 すると突然、開いている後部ドア辺りから何かが飛び出した。





 
それは色紙をガチガチと切り抜いたような、

 
黒い人の形 をしたもの。




 「うわっ!」と思ったが、やっぱりなという感じではあった。
 こっちの車のフロント三メートルぐらい前を高速で移動した。


 当然、人か? と思った。


 それは人の形に切り抜いたようなもので、手足の動きはない。
 そのまま横スライドするような状態で、目の前を横切った。


 なんとか接触もせず、回避はできたものの冷や汗ものだった。
 助手席の連れも見たと言っているので、錯覚ではない。


 対向車やこっちの車のライトに映った『固体』は何だったのか?
 半分透けていて、歩道でスゥ~パッと消えた。


 ライトに浮かんだものは、二十代半ばの男だったような。
 縦じまのシャツだったと記憶する。


 数日後の昼間、その場所を確認してみた。
 やはり……交差点手前の電柱の下に、供養花が置いてあった。





  投稿 赤銅鈴之助さん(男性・兵庫県)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック