本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「爺さんの顔」



 大学に入って間がない頃、なぜか頻繁に金縛りに遭っていた。


 一人暮らしで借りた安アパートに何かあるのか、
 自分に『霊的なモノ』を受信する能力が具わったのかはわからない。


 その夜も怖いので、部屋の灯りを点けたままにして寝ようとした。
 少しウトウトとした頃だろうか、また突然金縛りに遭った。


 金縛りには何度か遭っていたので、少しだけ余裕もあったのだろう。
 ときどき、金縛りの際には、奇妙な人影のようなものが見える。
 ただ、ぼやっとしていて、すぐに消えるので何かはわからない。


 今回ももしかして何か見えるかもと、ぎりぎりと自分の頭を上げた。
 足元に何かの気配を感じる。


 暗い部屋の中だから、何かはわからない。
 よく見ようと目を凝らしていると、だんだん像を結んでいく。
 白装束の見知らぬ爺さんが、うつむき加減で正座していた。





 
しかも、こっちに向けた顔は……
         のっぺらぼう
だった。





 爺さんの体は半透明で、透けて部屋の奥が見えている。
 その時の気持ちは、怖いのだか怖くないのだかわからなかった。
 ええっ? という驚愕の方が大きかった。


 これからどうなるのかと思いながら、じっと見詰めていた。
 すると、爺さんはますます薄くなっていき、すっと消えてしまった。


(ああいう時って、いったいどうすればいいんだろう……?)





  投稿 policygontaさん(男性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック