本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「父の叱責」



 父が他界した後、私と兄は毎月の月命日の法要を欠かさず
 住職に来てもらって続けている。


 あれは新盆も終わった九月の終わり頃。


「もう少ししたら、またお坊さん来るんだよなぁ」
 兄と夜中にそんな段取りの話をしてから眠りについた。


 久々の金縛りに襲われてしまった。
 ここしばらく金縛りはなかったので、けっこう強く感じていた。


 ただ、慣れもあって、意外と冷静に対処できていたと思う。
 いつものように九字を唱えた。
 私は金縛りになると、心で九字を唱えると解けるのだ。


 しかし、今回は金縛りが解けない。
 九字を唱え続けていると逆に金縛りが強くなって苦しい。
 呼吸もしずらくなっていき、焦ってしまった。


 額から嫌な汗が流れるのを感じながら、落ち着く努力をする。
 やっと思いついたのが浄土真宗の正真偈だった。


 すぐ正真偈を唱え始めたら、徐々に体が楽になった。
 やっと金縛りが解けて、ほっとした時だった。
 いきなり頭の中に響くような声がした。





 
『お前の父親が心配で来ているのに、
  
九字切るヤツがあるか!





 親父の声だった。いや、親父の声だと思った。

(親父だったのか、すまなかった)
 私はびっくりして心の中で何度も謝った。





  投稿 S・Sさん(男性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック