本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「電車の窓」



 兵庫県のBさんという女性が、まだ小学生だった頃。


 神戸のお婆ちゃんの家から、大阪茨木市の自宅まで帰る途中のこと。
 夜の十一時過ぎ、JRに揺られているとさすがに眠くなってくる。


 隣に座っている姉、母、弟や他の乗客の多くも居眠りをしていた。
 その時は彼女しか起きていなかった。


 (周りの人も寝てるし、私も寝ようかな~)
 そんなことを思いながら、目を閉じようとした。


 窓の外は真っ暗で、街の灯りが時折り車窓を流れるだけ。
 半分目を閉じながら、向かいのシートの上にある窓を眺めた。

 すると、目を疑うものが現れた。





 
電車の真っ暗な窓に、
 
青白い手がペタリと張りついている。





 初めは寝惚けているのだと思った。
 両目をギュッと一旦閉じ、もう一度その窓を見る。


 寝惚けではなかった。
 間違いなくそこに青白い手がある。


 閉まった窓ガラスの外、まばらな乗客の背後にそれはペタリと……。


 細く痩せていた。男か女かわからない青白い手。
 何かを探るように、五本の指を尺取虫のように動かしながら、
 ズズッ、ズズッとガラス面をずり上がっていく。


 信じ難い光景、もう何がなんだかわからなくなった。
 両目を最大限に見開いて見詰めるしかなかった。


 一分ぐらい経っただろうか。
 青白い手はすっと下へ落ちるように消えていった。


 はっと我に返り、横の姉をそして母を起こす。
 必死になって、今見たことを話したが、当然信じてくれなかった。





  投稿 ビャッコノムスメさん(女性・兵庫県)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック