本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「パルテノン神殿」



 車の免許を取りたてだった頃、仲間と毎夜ドライブや
 心霊スポット探検やらに繰り出していた。


 その日も、男三人女二人で東京目黒の町を走っていた。
 目黒駅を過ぎた左側に、廃墟だとわかる大きな建物があった。


 車を停めて門越しに敷地を覗くと、かなり広い中庭がある。
 樹木が茂る庭の五十メートルほど先が建物の入り口だった。


 ただ、何の建物だったのか不明だが、すごくヤバそうだった。


 まず、門の右側にプレハブの警備の小屋がある。
 そして中庭は、左右に自動で動く明るいライトに照らされていた。


 まるで、アメリカ映画に出てくる刑務所のサーチライトの
 ようで、それが二、三機庭を隈なく照らしている。


 そんな中、若気の至りで我々は脱走兵のようにライトを
 かいくぐりながら、何とか建物の玄関前まで辿りついた。


 玄関はパルテノン神殿みたいな感じで、かなり威圧感がある。
 どこか侵入できそうなところを探していると、
 電車のように上に開く窓があった。


 閉め忘れなのか、窓は下半分が開いているようだった。
 「よし、あそこから入ろう!」
 友人に小声で促した。


 「いや……ちょっと待て。ダメだ……」
 いちばん乗り気だったそいつが弱気になっている。


 玄関前は警備小屋から丸見えだった。
 とりあえず、その窓の近くまで行って様子を見ようと提案した。


 それでも友人は、ヤバい、ヤバい、と繰り返す。
 何が? と訊き返しても、後で言うからの一点張り。
 仕方なく、またライトをかいくぐって車の所まで戻った。


 「何だよ、どうしたんだ?」
 問い詰めると、友人は驚くべきことを言う。





 
下半分開いていた真っ暗の窓に、
 
   奇妙なモノが居たという。





 それは、鼻のすぐ上まであるヘルメットのような何かを
 被った顔だった、というのだ。


 そんな得体の知れぬ何かが、無人の真っ暗な窓の中から
 じっと見ていたらしい。
 私を含めて他の者にはまったく見えなかったのだが……。


 不思議はそれから一ヶ月ぐらいで起きた。


 それを目撃した友人とドライブしていたとき。
 友人は私には見えてないモノが『見える』ようになっていた。


 例えば、電柱が立つる間隔ぐらいに人が立ってるとか。
 そしてついに危ないぶつかる! と急ブレーキかけた。


 急停車してハンドルにしがみつき大きく息をしている。
 どうしたのだと訊くと、人を轢いたという。


 しかも、深く帽子を被った子供だった、と。

 もちろん私
には見えていないし、何も轢いていない。

 友人にだけ見えていたようだった。
 

 ただ、深く帽子を被った……という風貌、
 窓の中にいたヘルメットのようなものを被った何かに
 どこか似てはいないか。。





  投稿 マサルさん(男性・東京都)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック