本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「二人のおみくじ」



 私の母の話。


 ある年の正月、母と祖母は茨城県土浦にある寺に初詣に行った。


 おみくじを引いたところ、なんと二人とも大凶が出てしまう。
 二人して、正月早々たいそう落ち込んだ。


 最悪の正月も過ぎ、月日が経っておみくじのことなど忘れていた。
 その頃、祖父が病気で倒れてしまい自宅療養になった。
 連日、枕元に座って看病をすることに。


 ある日、母が祖父の寝ている部屋に行くと驚いた。
 布団の足元に、真っ黒な服を着た見知らぬ人が立っている。





 
母はすぐ(死神だ!)と直感した。




 しかし、母に何かできるはずもない。
 ただ、唖然と畏怖の眼差しを向けて見詰めることしかできない。


 その人は母に一瞥もくれず、何もせずにすっと消えた。
 それから数日後だった。


 祖父は静かに息を引き取った。


 母は、今でもあれは死神だったと言う。
 そして、おみくじを二度と引くことはなくなった。





  投稿 ゆきさん(女性・宮城県)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック