本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「叔父の来訪」



 かなり昔、些細な喧嘩が元で、父と叔父は疎遠の仲になった。


 なのにひょっこり、この正月に神奈川県の川崎にある自宅に
 家族を連れ叔父が挨拶に来た。
 なんといっても兄弟だから、父も歓待し叔父達を招き入れる。


 そして、そこから不思議が起こった。


 まず、叔父が玄関に入った途端、カレンダーがパサッと落ちた。
 応接間に通すと、何年も壁に掛けてある豪奢な額縁がドサッと落ちる。
 続けさまの落下だったが、まだ偶然だろうと思っていた。


「今日は何だか変な日だねぇ」
 母は愛想笑いを浮かべながら、それらを片付けた。


 今度は、テレビでも点けようとスイッチを押した瞬間、
 バチバチバチッ! 凄い音を立てて故障してしまう。
 まだ買って二、三年しか経っていないのに……。


 正月にいきなり故障かとガッカリしたが、私は気を取り直して
 「叔父さん、いらっしゃい」と声をかけた。
 そこで初めて叔父の姿を見たのだが、あれ? と思った。





 
叔父の体の輪郭が、どう見てもぼやけて見える。




 それだけではない、姿全体がフィルターをかけたように黒っぽい。
 何度も目をこすって、見返しても同じだった。


 たぶん年末の仕事の疲れが、まだ残ってるのだろうと思った。
 その時は気にせず、久しぶりの叔父家族と楽しい時を過ごした。


 数時間後、叔父達は帰って行った。
 悲しい知らせが届いたのは、それから二週間後。
 叔父が突然亡くなったのだ。


 叔父の運転する車が高速道路の側溝に停まっていたらしい。
 警察が急行すると、ハンドルに突っ伏し叔父は冷たくなっていた。
 心筋梗塞とのこと。


 いろんな不可解な出来事は、この不幸を伝えていたのだろうか。





  投稿 涼風さん(女性・山形県)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック