本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「軍刀」



 この夢の話も、凛とした不思議さに満ちている。
 のぶさんという男性の体験談。


 彼は居合い抜きを稽古しているので、刀とは縁がある。


 ある日、骨董屋から連絡があった。
 なかなかに在銘のよい軍刀が入ったという。


 これは掘出しものかと、見に行くことにした。
 刀には鍛え傷が入っていた。


 刀の出来は良いものなのに、残念ではあった。
 ある砥ぎ師が言うには、絶対に消えることはないが、
 目立たなく砥ぎ上げることはできる、と。


 それならばと、この刀を買うことに決めた。
 すると、その晩から同じ夢を見るようになった。


 夢に、軍服を着た軍人が出てくる。
 カモシカのような無駄のない肉づきで、すらっとして絵になる


 軍人は夢の中で話しかけてくる。
 毎日、夢に出てきて、同じセリフを繰り返すのだ。




 「貴様に、は渡さない」と。




 もちろん単なる夢だと考えて、夢のことは無視していた。
 刀の出来上がるのを楽しみにしていた。


 ただ、いつしか夢の中で、その軍人と話すようになった。
 すくっと立って話す軍人は隙がなかった。


 その軍刀は、親戚中が探してくれた一振りなのだという。
 軍人が言うには、家宝ゆえ他人に渡すことができないと。


 そんな夢を見続けた後、砥ぎ師から連絡があった。
 なんと、砥石の上に刀を落として折れてしまったという。


 研ぎの途中ではあったが、やはり良い刀だったらしい。
 夢で告げられた通り、刀は自分のものにならなかった。


 あの軍人は、それを告げに来たのだった。






  投稿 のぶさん(男性・東京都)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック