本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「教室の奇跡」



 シュガーアメジストさんが高校三年の頃のこと。


 進学校だったので、皆は必至で志望校合格に向けて励んでいた。
 いきおい教室の雰囲気は重くなる。


 クラスメートの福田(仮名)君は、息苦しさを和ませようした。
 休み時間に教壇の前に立ち、先生のモノマネを始めたのだ。


 お世辞にも似ているとは言えなかった。
 しかし、皆は福田君の心遣いに、しばし愉しい時を過ごしていた。


 「お~い、全然似てないぞ~!」
 誰かが満面の笑顔で茶化した。


 そして、手に持っていたボールペンの透明の筒をポイと投げた。
 もちろん、体に当てるつもりなど無い。


 しかし、ボールペンの筒は福田君の顔面に向かって飛んでいった。
 あっ! 当たるっ! 誰もがそう思った。


 その瞬間だった、奇跡が起きた。




 ボールペンの筒は縦に 真っ二つに裂け
 顔の両側を掠めたのだ。




 福田君はかすり傷も無く、周りの皆もホッと胸を撫で下ろした。
 それは全員の前で起きた。


 不思議な出来事を全員が目撃し、呆気にとられた。





  投稿 シュガーアメジストさん(男性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック