本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「砂場のビー玉」



 小さい頃から怖い話が大好きで、
 友達と霊を呼ぶこっくりさん遊びをよくしていた。


 でも、怖ろしいことが起こった。
 その恐怖で、二度と『霊を呼ぶ』遊びはできなくなった。


 それは小学1~3年ぐらい。
 友達と公園で遊んでいるときだった。
 砂場で小さく綺麗なビー玉を拾った。


 ラッキーと思い、家に持って帰った。
 そのビー玉は自分の机の引き出しの中の宝物にした。


 ところが、怖いことがその夜に起こった。
 夜中にトイレに行き、部屋に戻って来ると誰かいる。




 見知らぬ子供が、机の引き出しを探っていた。




 すぐに、こちらに気づいて大声を上げた。
 「僕のビー玉を返せ!」
 何度もそう言いながら、こっちに向かって来る。


 逃げようとした矢先、その顔を見てしまった。
 真っ白の肌に、真っ赤な唇、目は片方だけだった。


 信じ難い恐怖に気を失い、寝てしまったようだ。
 気がつくと翌朝。


 ビー玉はすぐに公園の元の砂場に戻しておいた。
 それからはもう何もない。

 ただ一度、その砂場に行ったとき、
 どこからともなく子供の声がした。


 「僕のビー玉、もう取らないよね?」

 こっくりさん遊びで『呼んで』しまった子だろうか。





  投稿 Y・Aさん(男性・沖縄県)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック