本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「クワガタの山」



 息子がまだ幼稚園児だった頃の話。


 我が家の裏に、浅間山(せんげんやま)という低山がある。
 その昔、古戦場となった場所で、地元では有名な山だ。


 夏にはクワガタやカブトムシが獲れるので、
 夜に懐中電灯持参でよく行った。


 その夜21時頃、小学2年の息子と弟、カミさんとで向かった。
 カミさんは怖いと言い、木にヘッドライトを照らしたまま
 車中で待機していた。

 息子たちと懐中電灯で虫がいそうな木を探照しつつ林の中へ。
 下の息子はいちばん後からついて来る。


 30分くらい経った頃。
 ひと通り収穫もあり、帰ろうとすると下の息子がいない。


 「お~いっ! どこだ?」
 大声で探していると、奥の方から駆け戻って来た。


 「あんた、あんなとこで何してたの?」
 3人で車に入ると戻ると、車中から見ていたカミさんが
 下の息子に訊いた。

 カミさんの話によると、下の息子は林の奥へピョンピョンと
 飛び跳ねながら楽しそうに入って行ったらしい。


 ただ、息子の答えは不可解なものだった。




 「知らない爺ちゃんが、一緒に遊んでくれた。
  楽しかったよ」





 一緒にもっと奥へ行こうと言われたので、
 途中までついて行ったが、呼び声がしたので戻って来たという。


 もちろん、人などどこにもいない。
 カミさんと思わず目を合わせた。


 「うわぁ~っ!」
 叫びながら、慌てて車を発進させた。





  投稿 T.Mさん(男性・東京都)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック