本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「神社の白蛇」



 まだ小学校の低学年の頃だったと思う。

 1歳下の従姉妹と近所の友人と3人で遊んでいたときのこと。
 すぐ裏が山で、いつも神社への坂道を登って遊んでいた。

 その日、いつもとは違う別の道から登った。
 競争みたいに走り上がる。
 みんなの中で、私がいちばん脚が速かった。

 悠々の差で神社に着くと、壁に立てかけられた板が目に入った。
 板の上に白い何かが乗っている。

 私がじっと見ていると、やっと2人も追いついてきた。
 2人もそれに気づき、「蛇だ、蛇!」と騒ぐ。

 ただの蛇なら私でもわかる。
 その蛇は、全身が雪のように真っ白だった。

 不思議と怖いとか、危ないという感情は無かった。
 しばらく3人で見ていましたが、奇妙なことに気づいた。



 その蛇は、なんと『瞼(まぶた)を閉じて、
 ピクリとも動かないのだ。



 蛇の目はいつも開いたままのはず。
 『瞼』のある蛇なんて見たことが無かった。

 私は2人にその奇妙な蛇を見張っているように言って、
 母を呼びに行った。

 その間たった数分、3分にも満たなかったはず。
 戻るともう蛇はいなくなっていた。

 2人に聞くと、蛇はパッと目を開いて板から下りたという。
 あの白い蛇は夢だったのか?
 蛇なのにどうして『瞼』があったのか……?





  投稿 巴さん(女性・北海道)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック