本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です









「天空の異物」



 ある日の朝、僕は札幌にある職場に出勤しようとしていた。


 いつものように、屋外にある駐車場に車を停める。
 急ぎの仕事があったので、駆け足で職場の建物へと向かった。


 駐車場から建物までは少し距離がある。
 広大な駐車場を横切らなければならなかった。


 職場に向かって走ってる途中、不思議な感覚に襲われた。
 なぜか上空が気になる。


 足を止めて真っ青な空を見上げる。
 太陽の眩しさに目を細めながら、額に手をかざして見上げた。


 すると、遥かな高みから何かが落下して来ることに気づいた。
 もの凄いスピードで、音もなく真っ直ぐに落ちてくる。
 自分でもよくそれに気づいたものだと思う。


 (えっ、なんだ?!)
 このままでは頭か体に直撃しそうだった。

 慌てて後ろに倒れこむように身をそらした、その瞬間!
 パーン!
 僕の数メートル前の路面に何かが弾けた。


 (うわっ、危なかった~!)
 危機一髪を切り抜け、弾け飛んだ残骸をよくよく見てみた。
 驚いた、というか訳がわからなかった。




 
それは、バラバラになった白身と黄身と殻。




 そう、しっかりと火の通った『ゆで玉子』である。
 これには唖然とした。
 頭の中で?マークが炸裂した。


 周囲にはそういったものが落ちてくる高い建物はない。
 誰かが放り投げたとしても、どこにも人はいない。


 唯一、合理的に推理できるのは、カラスの仕業だ。
 どこかの家庭からゆで卵を失敬してきて、空から落とした。


 しかし、見上げていた空にはカラスの姿などなかったし……。
 さっぱり訳がわからなかった。


 雲谷斎さんの「たまご」という話の続編だろうか?





  投稿 ヒロの兄さん(男性・北海道)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック