本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「カラオケ練習」



 「はぁ?」という、不思議が起きたのは埼玉の自宅でのこと。


 今度、友人達と行くカラオケに行くことになったので、
 私は自分の部屋で練習をしていた。


 何度か歌ってサマになってきたので、聴いてみたいと思った。
 携帯に録音機能がついていることを思い出す。
 さっそく自分の歌声を録音してみることにした。


 歌ったのは某アイドルの歌。
 ノリのいい、カラオケでは絶対盛り上がる歌だった。


 身振りもつけて歌い終わった。
 (よし、これならけっこうイケてるはず)
 そう確信して、黙音を再生した。


 携帯の小さなスピーカーを通しても、いい感じだった。
 サビで盛り上がって歌は終わった。
 ……その直後だった。




 パチパチパチパチ!
 私が歌い終わった直後、何人か拍手する音が入っていた。





 もちろん部屋には私一人。
 家族もいないし、外の音を拾ったということもない。


 誰が、拍手したのだ……。
 嬉しくなかった。
 気味が悪いので、すぐに録音を消去して練習もやめた。






  投稿 プーさん(女性・埼玉県)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック