本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「コタツの乱」



 友達は神奈川県の自宅で、コタツの中で昼寝をしていた。


 ウトウトしていると、どこか家の外で大きな声がする。
 何を言ってるのかわからないが、うるさいなぁと思った。


 気にしないようにして、寝返りを打とうとした。
 すると、ガキッと体が動かない。


 (あれれ? 金縛りになっちゃったの?)


 焦っていると、さっきの声がまた聞こえてくる。
 しかも、それは部屋の中でしていることに気づいた。


 えっと思って動く目だけで、あちこち探してみる。
 すると、有り得ないものをコタツの上に発見した。




 
ちっちゃな小人が二人、何か叫びながら喧嘩をしている。




 お互いを突き飛ばしたり、胸ぐらを掴んだりと激しい。
 呆気に取られて見ていると、殴り合いになった。


 どんどんエスカレートして、いつの間にか刃物を持っている。
 ぶっそうなことにコタツの上で、刃物を振り回しはじめた。
 戦いは一方が斬られて倒れるまで続いた。


 どうやら一人の小人が死んで決着したようだ。
 殺した方がそいつを引き摺って、どこかに連れて行った。


 小人たちが消えてしばらくすると、体が動くようになった。
 金縛りの際に見た『夢』?
 いやいや、夢ではなかったのかも知れない。


 だって、コタツの天板には刃物で浅く斬ったような傷が……。





  投稿 颯朧さん(女性・神奈川県)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック