本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「おかしいねぇ」



 実家に住んでいた時のこと。


 ちょうど暑いお盆の夜だった。
 深夜まで、私は自室で寝転びながら本を読んでいた。


 妹と姉は友人の家に泊まりに出かけており、父は旅行で不在。
 廊下を挟んだ隣の和室には、母が眠っているはずだった。


 日付が変わる頃になったので、そろそろ寝ようかと思った。
 すると、廊下からミシミシ……と誰かが歩いている足音がする。


 (お母さんが廊下を歩いてるんだ……)
 何の疑いもなく、そのまま気にせずに私も寝た。


 翌朝、起きるとすぐ母が訊いてきた。

 「あんた、昨日の夜中に水でも飲みに行った?」
 「ううん、行ってないよ。誰か帰って来たんじゃないの?」


 そう返すと、誰も帰って来ていないと言う。




 
「おかしいねぇ。12時頃、廊下を歩く音がしたんだど……」




 これにはちょっと驚いた。
 「えっ! あれって、お母さんじゃないの?」


 母ははっきりと否定した。
 それだけではない。
 母は障子に影が動くのを見たとも言った。


 一瞬、ゾッとしたが、お盆の日だったことを思い出した。
 それに、その時は全然怖い感じもしなかった。


 思えば祖母の初盆だった。きっと帰ってきたのだろう。






  投稿 K.Mさん(女性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック