本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「高速回転」



 高校生だった頃、深夜まで部屋で勉強していた時のこと。


 部屋といっても応接間を勝手に占領していたので、
 当然、応接セットやピアノなどが置いてある。


 疲れてきたので、勉強の手を休めてぼんやりしていた。
 すると、ふと何かの気配を薄っすらと感じる。


 ゆっくり振り返るってみた。
 ピアノの下の薄暗いところに何かが見える。


 音も匂いもしないが、それは白っぽいモヤのようなものだった。
 今までそんなものは見たことがない。
 直径15センチほどの丸い形で、とても生物とは思えなかった。




 それは高速回転しながら、少しずつピアノの下から出てくる。




(なんだ、こいつは?)
 はぁ? とは思ったが、怖いとは思わなかった。


 目が疲れておかしくなったのかと、何度も目をこする。
 何度見直しても、回転するそれはそこに居る。


 唖然として見ていると、それは高速回転のまま
 床をゆっくりと移動していった。


 そして、壁際に至るとすぅーっと消えてしまった。
 いったい、何なんだろう。
 未だに、それの正体はまったくわからない。





  投稿 IZumiさん(男性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック