本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「宇宙人」



 私の先輩が40年ほど前、青森県H市で見てしまったという。


 先輩が少年の頃、一人で好きな映画を見に行った。
 夕方、映画の余韻を感じつつ、歩いて家路を急いでいた。


 ある民家の前を通ろうと歩いていくと、とても驚いた。
 見知らぬ、異様な姿の『人間』を見たのだ。


 身長は軽く2メートルを越えている。
 ひょろりとして手足の細いそいつは、その家の小屋の辺りを
 ふわふわと徘徊していた。


 異様なほど背の高い割には、頭部が小さ過ぎる。
 ギュッと縮んだように小さくて、風船のようにまん丸い。




 いちばん近いイメージは、宇宙人だった。




 先輩は怖ろしくなり、別な道を通って家にダッシュで帰った。
 そのことを息せき切って母親に伝えた。


 すると、とんでもないことが判明した。
 先輩の母親も家の近くで『それ』を目撃したというのだ。

 家の台所の前は小高い雑木林で、その先は海の断崖に続く。
 つまり、どこにも道は無く、どこからも人は入れない。


 それなのに『それ』は背丈ほどもある雑草を掻き分け、
 こちらへ降りて来ていたのだ。
 遠過ぎて『それ』の具体的な姿ははっきりしなかったらしい。


 母親は不審に思ったものの、いつしか雑草の中に消えていた。
 先輩と母親が見たものが何だったのかはわからないままだ。





  投稿 aquaさん(男性・東京都)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック