本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「幾何学模様」



 霊能力も無いはずなのに、不思議な体験をした。


 私は寝つきがとても悪い方である。
 その夜も、ベッドに入り2時間ほど経っていた。


 やっとうつらうつらとしてきたので、
(ああ、やっと眠れる~)
 とこのままスゥーッと眠りに落ちていけるはずだった。


 寝落ちする瞬間、なぜか突然再びハッと目が覚めてしまう。
 それは無理やり起こされたような感覚ではあった。


 すると、すぐ目の前3センチほどの高さに何かが居た。
 目の前過ぎて、はっきりとはわからない。




 半透明で、幾何学模様的な顔つきのヘビのようなもの……。




 得体の知れない物体が垂れ下がっていたのだ。
 目を開けた途端、それはスルスルスルっと天井の闇に消えた。


 まるで、イタズラが直前で見つかって逃げていくかのように。
 サ~ッと素早く、音もなく天井に吸い込まれるように消えた。


 その夜から数日を置いて現れるようになった。
 二度目か三度目にもなると、怖さより腹立たしさが勝った。


 眠りを妨げるそれを捕まえようともしたが、
 天井に上がっていく速さには為す術がなかった。


 そのうち出てこなくなったが、あれは何だったのか。





  投稿 べるくさん(女性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック