本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「浮遊」



 小学三年生の時のこと。
 いつもぐっすり眠る私なのに、ふと夜中に目が覚めてしまった。


 何か気配のようなものを感じたので、壁の方を見た。
 すると、天井に届くかと思えるほどの縦長の白いものが……。


 えっと思ってよく見ると、それは白い人影だった。
 混ざり合ってはいるが二体いた。


 一体はすっと立っており、もう一体は座っているような感じ。
 煙をぎゅっと凝縮したような真っ白な塊りである。


 怖かったのは、顔の目にあたる部分だけ穴が空いていること。
 目玉はなく、ぼこっと二つの穴が空いている。


 私は怖くて目をそらし、真上の天井を見た。
 すると、今度はその二体が浮遊しているではないか。




 20センチほどに小さくなり、
        天井辺りをフワ~っと飛んでいる。





 ついさっきまでは等身大以上の大きさだったのに……。
 はっきり記憶に残っているので、夢じゃないのは確か。


 天使というには怖すぎるが、何だったのかはわからない。





  投稿 mimiさん(女性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック