本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「降下」



 それは起きるには早い朝方のこと。
 大阪は堺のマンションで起こった。


 まだ布団にいた私は眠ったままの姿勢で、ふっと目を開けた。
 いや、何かの異変を感じて目が開いたというべきか。




 天井と押入れの天袋の間あたりに「それ」は居た。




 見知らぬ女の人がゆっくりと降りてきている。
 なんだあれは……? と思った瞬間、
 まだ生後1ヶ月の赤ん坊が、突然激しく泣き叫んだ。


 泣き声に驚いて、慌てて妻は息子に駆け寄ってきた。
 その時には、もう天井からの女は消えていたと思う。


 起きてから、たまたま電話が架かってきた函館の母に
 早朝に起きた奇妙なことを話したが、適当に聞き流された。


 ところが、答えは1か月後に出る。
 翌月、母から電話があった。


「先月からね、お爺さん、妹、父と立て続けに事故に遭うんだよ」
 と言う。
 幸いにも皆、大きな怪我はなかったらしい。


 不吉だから『見える』能力があるという知人に相談したらしい。
 すると、祖父の身内で早く亡くなった女の人ではないかと。


 誰にも供養されず、寂しい思いをしているらしい。
 気づいて欲しいので合図を送っているのでは? というのだ。


 もちろん、立て続けの事故との関連は不明だが、気にはなる。
 そこで好きだったという和菓子を供え、家族で手を合わせた。


「あんたの所には、何もなくて良かったねぇ」
 母はそう締めくくった。


 母はすっかり忘れていた。
 1ヶ月前に話した不可解な女の人のことをもう一度話した。


 そこではっと思い出したようで、慌てて時系列を確認する。
 私と赤ん坊が女の人を見たのは、祖父が事故に逢う前日。
 祖父の事故の翌日には妹、1週間後に父が事故に遭っている。


 私や赤ん坊が見たのは、祖父その女の人かも知れなかった。
 母は『見える』その知人にまた電話した。
 すると。


「息子さんの所にも行ったみたいだねぇ。なんか、お孫さんにも
 泣かれてしまったみたいだよ」


 母が詳しく話す前にすべてを言い当てられたという。
 赤ん坊が号泣したことまで言われ、言葉を失くしたらしい。






  投稿 mimiさん(女性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック