本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「いらっしゃいませ」



 小学生だった頃。
 久しぶりに、いとこのお姉ちゃんの家に泊まりにいった。


 お姉ちゃんはその頃、あるファミレスでバイトをしていた。
 そのバイト先で奇妙なことが起きるという。


 怖い話が大好きだった私は、寝ながらその話を聞いた。


 ある晩のこと。
 やっと客も少なくなったとき、ツーと自動ドアが開く音がした。


 「いらっしゃいま……?」


 お姉ちゃんは途中で言葉を飲み込んだ。
 たしかに自動ドアが開いたのに、そこには誰もいない。


 いたずらかな? と思いつつ、また仕事に戻る。
 するとまた自動ドアが開くのを感じ、そっちの方を見た。




 すると、誰もいないのにドアだけが勝手に開いている。




 そばにいたバイト友達も気がついていた。
 「え?」という不可解な表情をしている。


 バイトが終ってから、バイト友達と一緒に店長に問い質した。
 はじめはセンサーの故障だろと胡麻化していたが、
 しつこく訊くとやっと本当のことを話してくれた。


 以前、ここで働いていた店員が仕事中に具合が悪くなり、
 倒れて亡くなったというのだ。


 まだ成仏できてないのか、死んだことを認識してないらしい。
 ドアが勝手に開く異変がよく起こるという。


 店長は知り合いに頼んで、御札を貼ってもらったらしい。
 しかし、よほど執着が強いのか、効き目はないという。






  投稿 Y・Mさん(女性・大阪府)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック