本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「つぎ停まります」



 これは私の親しい友人の話。
 彼は一時、路線バスの運転手をしていた。


 ある夏、彼と食事に行った帰りに奇妙な話を聞いた。
 彼がバス運転手をやめる原因になった話だ。


 「大型の免許を持ってるのに、なんでバスの運転手をやめ
  ちゃったの?」


 「いや、いろいろ変なことがあって、疲れちゃったというか……」
 「へえ、何があったの?」


 私が訊くと、彼はしばらく口をつぐんだ。


 「やっぱ人間関係だったの?」
 「いや、そうじゃない。じつは『見え』ちゃうんだよ、俺……」
 「何が……?」


 そう畳みかけると、やっと言いにくそうに口を開いた。


 「夜遅く路線バスを運転しているとね、バス停にお客さんが
 待ってるんだよ」


 「そりゃ、乗るためだからね」


 「それでバスを停めて、乗車口を開けて待っていても、
  乗らないんだよね、誰も……」


 「はぁ?」


 「でね、バスの中のお客さんが言うんだよ。『運転手さん、
  どうしたのぉ、誰もいないよぉ!』って」


 話がどうも怪談めいてくる。


 「でもね、俺にはちゃんと見えてんだよ、バス停に待つ客が……」


 「…………?」


 「そんなことが度々続くもんだから、もう神経がおかしく
  なっちゃいそうだったので、退職したんだよ」


 退職の理由はわかったが、私には理解できなかった。


 「そうなんだ……でも、もう見えなくなったんだろ?」




 「いや……それが、たまにこの辺でも……」




 一緒に歩きながら、ちらっと横を向いた彼の視線の先。
 そこには階段状に無数に置かれたお墓の列があった。






  投稿 ゴリラさん(男性・福井県)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック