本当にあった怖い話・不思議な話


実話怪談






逢魔が時物語メルマガに掲載した実話怪談投稿です








「飲みに行こう」



 昔、あるバス会社で「バスガイド」をやっていた。


 行楽シーズンにはよく宿泊旅行の添乗をしていた。
 その日の一泊旅行は、神奈川県のY温泉だった。


 予定通り観光を済ませ、早目にお客さんはホテル入った。
 私はゆっくりとバスの中の掃除をして宿泊場所へ向かった。


 乗務員はお客さんと同じホテルに宿泊することが多いが、
 大きなホテルになると乗務員専用の宿舎がある。


 その日は、その古い乗務員宿舎に案内された。
 玄関を入ると真っ直ぐに廊下があり、正面には小さな窓がある。


 その窓に向かって伸びる廊下は、どんなに静かに歩いても
 ミシミシ、ギシッギシッと軋み音がする。


 その廊下に沿って、両脇にアパートのように部屋が並んでいる。
 私の部屋は右側のいちばん奥。


 向かい側は部屋ではなく壁で、なんだかうら寂しい感じだった。
 運転手は3つ離れた部屋に。


 荷物を置いて、夕食を採りにホテルへ運転手と向かった。
 お父さんみたいな優しい運転手だったので、楽しい食事だった。


 食事の後、飲みに誘われたが、眠かったのでそれは断った。
 部屋に戻ってテレビをつけ、ベッドに倒れ込んでいた。

 しばらくすると……コンコンコンッ!
 すごく力強く、ドアがノックされた。


 運転手がまた誘いに来たのかと思った。
 「はーい」と返事をしながら、すぐドアを開ける。




 ところが……誰もいない。




 部屋は狭いので、ドアを開けるまで数秒で事足りる。
 廊下はシーンと静まり返り、人の気配などどこにもなかった。


 廊下はどんなに静かに歩いても、ギシギシと派手に鳴る。
 もし、人が来たり去っていくならわかるはず。


 まったく軋み音はしなかったのだ。
 もう怖くて怖くて、テレビを点けっ放しでそのまま眠った。


 翌朝、恐る恐る運転手に、誘いに来たかと訊いてみた。
 当然のごとく、いやそのまま飲みに行ったよとのことだった。






  投稿 シングルママさん(女性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    怪談文庫本を読む!
メルマガ登録(無料)   全シリーズをチェック