本当にあった怖い話・不思議な話


★メルマガ ランキンランキンご感想★





────────────────────────────
◆【感】にまつわる怪談-水無月6月発行メルマガへのご感想◆
────────────────────────────







【感】にまつわる怪談★星獲得ランキン結果
      (★5つが最高点

  
二段ベッド」 ★★★☆
  不思議な事」 ★★★
  お別れ」   ★★★☆     
  お祭り」   ★★★★
  堺の荷物」  ★★★
  一本道」   ★★★☆


────────────────────────────
読者の採点とご感想
────────────────────────────




■「二段ベッド」 採点平均 ★★★☆ 3.67

 空間が怖くて足が止まってしまうって感じは以前
 私も体験したんですけど…山の中で…。
 何かあると思いますね〜。
              ★★★ みわたつさん(男性・福岡県)


 手を伸ばさず、リモコンもしくは今流行りの声で
 点滅可能なアマゾンAlexaで点けたらどうなった?
 テキは腕だけか? 身体ありか? 暗闇にいきなり
 手を伸ばすのはよろしくなさそう…。
             ★★★★ 鎌野露吉さん(男性・千葉県)


 「闇」ほど恐ろしいモノは無い。それ以上に恐ろしい
 モノがその中に居たとしても、ジッと目を凝らして
 見据えてしまう闇は私にとって何よりも恐怖の対象だ。

 いい歳をした今になっても、深夜トイレに行く時は
 スマホのライトを頼りに分りきった間取りの我が家の
 中をトイレへと急ぐ。トイレが終わってベッドに戻る
 時も同じだ。

 そんな事だからお化け屋敷も死ぬ程苦手だ。子供の頃、
 母が一緒に入ってくれたかったせいで1人で入ったの
 はいいが数メートル進んだだだろうか?くらいの暗闇
 で耐えられなくなり入口へとUターンした記憶がある。
 あれ以上進んだら、きっとトラウマになっていただろう。 
             ★★★ トドだなぁさん(女性・大分県)



 割りと典型的な話しと思われ、さまで印象的ではない。 
            ★★★ リベラリストさん(男性・東京都)


 割りと典型的な話しと思われ、さまで印象的ではない。
 二段ベットに寝たときにこんなのにあったら逃げ場が
 なくて最悪です。私は布団ですが、床面から出てきたら、
 部屋から逃げます。 
             ★★★★★ やまねさん(女性・北海道)



                        ●



「不思議な事」 採点平均 ★★★ 3.33

 私も綺麗好きでは無いので、こういう幽霊に家に住
 気配とか足とか手とかだけの表現って霊さんからし
 てみたら悪戯なんでしょうか?
              ★★★ みわたつさん(男性・福岡県)


 冷蔵庫の音が、娘さんだと思えるからまだいいけど
 泥棒だったら…。そうそう…。下手に確認しないことが
 正しい。自分だったら亡き妻だと想えたら間違いなく
 確認に出向いてしまうだろうけど…。
             ★★★★ 鎌野露吉さん(男性・千葉県)


 このお話は「怖い」のでは無くて家族にとっては暖かい
 感じのお話でした。大事な娘さんが自死を選ばれたら
 もう話も出来ないし、触れる事も出来ないのだから寂し
 いのは変わらないでしょうけど、家の中で少しくらい
 不思議な音がしても娘さんが帰ってきてると思って嬉
 しいと考えられるって家族としては優しくて心温まる
 お話ですね。

 でも娘さんの自死の前の色々な不気味な出来事はその
 マンションには近づいてはイケナイ!との警告の様にも
 感じられます。 
               ★ トドだなぁさん(女性・大分県)


 所謂gentle ghost譚を思わせる、印象に残る話しという
 べき。居住されていた場と、何らかの因果性はあったの
 だろうか等々、色々と考えさせられる。 
          ★★★★★ リベラリストさん(男性・東京都)


 故人は自身が愛した場所に帰るのかなあ? お坊様のおっ
 しゃった通りだと本当に良いなあとしみじみ思いました。
 私のペットは帰ってきたようですが・・・。  
               ★★★ やまねさん(女性・北海道)



                



■「お別れ」 採点平均 ★★★☆ 3.50

 親しい人の最期に、声と姿が見られたとは…。
 異常な現象でも何処か感動がある。
         ★★★★★ 名無しの権兵衛さん(男性・千葉県)


 私の婆ちゃん爺ちゃんは子供の頃に他界してい
 ます。おぼろげにしか記憶がないです。出てきて
 ほしいような、ほしくないような。この話の婆
 ちゃんみたいに出てこられたら卒倒して蹴飛ば
 してしまうやろなぁと。 
            ★★★★  四国大好きさん(男性・大阪府)


 この方はよほどお婆ちゃんっ子だったのでしょうね。
 私は祖母とは犬猿の仲だったので少し羨ましい気も
 します。

 そんな祖母でも初孫の私には死期を知らせねばと思っ
 たのか当時買ったばかりの髪留め(バレッタ)がバチ
 ンと物凄い音を立てて壊れたのです。その時祖母は
 病院に入退院を繰り返していてその日の朝は病院に
 入っていたので「もしかして近いのかなぁ」等と思っ
 たのを覚えています。

 母からの電話で東京から九州の祖母のいる病院へ駆け
 つけると未だ少し息があって手を握り返したのです。
 その直ぐ後に亡くなったので、待っててくれたのでし
 ょう。

 この方の様に真夜中に「起きぃ〜っ! 起きぃ〜っ!」
 と足首を引っ張っている祖母の姿なんて見えたら心臓
 が止まったかもしれない。 
               ★ トドのようさん(女性・大分県)



                        ●



■「お祭り」 採点平均 ★★★★ 3.75

 友人の祖父は『よいやさのよいやさ…よいやさのよい
 やさ』と歌いながら、息を引き取ったと聞いたことが
 ある。賑やかなお迎えが来て、賑かに帰って行ったのか。
         ★★★★★ 名無しの権兵衛さん(男性・千葉県)


 私も今年の2月に徳島の叔母がガンで他界しました。
 母親の実家を継いでいる叔父の奥さんですが、子供が
 いないので、私達兄弟を実の子供のように可愛がって
 くれました。悲しかったです。

 私は大阪なので最期は看取れなかったのが残念で仕方
 なかった。よく言う虫の知らせなんかもなく、ただ亡
 くなったと電話で聞いただけ。おばちゃん幸せやった
 んかなぁ。

 田舎の長男の嫁として跡継ぎもなく、おっちゃん残して
 旅だったけど、どうなんか・・。毎年夏に車でいろんな
 ところに連れて行った。最後は花のたくさん咲いている
 お寺があったら行きたいと言っていたけど叶わなかった。

 棺には目一杯の花をいれてあげた。向こうで花に囲まれ
 て幸せに暮らして欲しい。
 なんか感想になってないような・・・・。 
            ★★★★  四国大好きさん(男性・大阪府)



 祭られてあの世へ等とは神や仏の様で厳かなモノかと
 思いきや賑やかな感じなんですね。自分の母も肝臓癌
 で亡くして先日三回忌を終えた。母はもう宣告された
 時既に末期だったので逝くまでに全ての準備を終えて
 逝った。

 家事など全く縁の無かった父に炊飯器の使い方を教え、
 コンロの使い方を教え、最後に仲違いしていた父と私
 の夫を仲直りさせて静かに逝った。
 母は静かな人だったので、特に祭囃子や音楽は聞こえ
 なかったが、誰か聞いた人も居たかも?しれない。 
               ★ トドのようさん(女性・大分県)




                        ●



■「堺の荷物」 採点平均 ★★★ 3.00

 その運転手さんは頼られているのかも…。
 その霊体さんは、その後何処へ行ったのかな?
 全国を旅して廻りたい…とか? 
               ★★★★  惡魔さん(男性・千葉県)

 仕事とは言え、真横に幽霊を乗せて一緒に走ってしまう
 とは自覚してるだけに寒気がしますね。気の毒に思います。
 助手席に塩を置いておくとかは駄目なのでしょうか?
               ★★ トドかなぁさん(女性・大分県)



                        ●



■「一本道」 採点平均 ★★★☆ 3.50

 得体の知れない恐怖は警告だと思えます。
 引き返して大正解だった…。 
               ★★★★  惡魔さん(男性・千葉県)


 仕事とは言え、真横に幽霊を乗せて一緒に走ってしまう
 私もドライブは好きだけど、迂闊に知らない道に入り込
 んだりする勇気は無い。長いトンネルも怖いので出来る
 だけ通りたくないし入りたくない。

 今は病気のせいで運転が出来なくなり、主人の運転で私
 は専らノンビリと助手席三昧だが、主人が結構色んな
 ショートカットをしようとして知らない道に入ったり
 スピードを出すのが好きで怖くて困っている。
             ★★★ トドかなぁさん(女性・大分県)