本当にあった怖い話・不思議な話


★メルマガ ランキンランキンご感想★





────────────────────────────
◆【感】にまつわる怪談-神無月10月発行メルマガへのご感想◆
────────────────────────────







【感】にまつわる怪談★星獲得ランキン結果
      (★5つが最高点

  
降りて来る」   ★★★★ 3.80
  不思議な子」   ★★★☆ 3.50 3
  物騒な場所」   ★★★☆ 3.40
  「霊能力者」    ★★★☆ 3.40
  将門の首塚」   ★★★☆ 3.63
  鬼灯の話」    ★★★☆ 3.50


────────────────────────────
読者の採点とご感想
────────────────────────────


■「降りて来る」

 霊感と第六感は別のものなんでしょうね。
            ★★★ きよみさん(女性・北海道)


 
ぼんやりと空恐ろしい感じはするのですが、その息子
 さんの言葉の端々に「??」というモノを感じてゾッ
 とします。

 三途の河の渡し船がフェリーになってしまったら一気
 に何人運べるのでしょうか? そもそも三途の河の渡
 し船って1回に何人乗れるんですかね。
 長瀞の観光船みたいなのだと結構な人数乗れるんです
 が、それでも大き過ぎる感じですもんね。見て来たと
 したら行って戻ってきたという事でしょうか?
           ★ トドかなぁ?さん(女性・大分県)


 唐突にある瞬間に未知なる世界に繋がってしまうこと
 はありそうだ。ところで、何故三途の川を船で渡るの
 か?
 霊体なのだから自力で飛んで渡れそうなものだが…。
         ★★★★ 今時の74歳さん(男性・千葉県)


 一番自分にあう人の子に、何がしか超常のものが降り
 たのかも。いずれにせよ大事故、自然災害において人
 間は未来がどうなるかわからないし、努力は居ていて
 も完全に回避は出来ない。無力感漂いますな、、、。
           ★★★★ らがなさん(女性・北海道)



                        ●



「不思議な子」

 犬は人につき、猫は家につくといいますもんね。
 猫ちゃんは、これからも家族を守ってくれるんでしょ
 うね。
           ★★★★ きよみさん(女性・北海道)


 これも「怖い」では無くて「不思議」なお話ですね。
 子供にとって父親の存在はそれぞれ違うと思うけれど、
 大抵は「パパ、早く帰って来ないかなぁ」との感じだ
 と思う。中には「怖いから帰って来なくてイイよぉ」
 も居るだろう。これは問題だと思うけど。
           ★ トドかなぁ?さん(女性・大分県)


 幼い子は、謂わば霊界から降りて間もないから、家族
 間の意識を共有しているとか?
         ★★★★ 今時の74歳さん(男性・千葉県)


 家族、特にお父さんと繋がりが深いのかも。大人と違
 い子供は、社会の様々な面倒ごと又は雑事にまだわず
 らわされない為感性が豊かで純粋なのでしょうか?
          ★★★★★ らがなさん(女性・北海道)



                



■「物騒な場所」

 守られているなんて、羨ましい話です。単に道に迷っ
 てしまっただけ?と思いますが、死体遺棄現場だと知
 った途端に、私なら焦ってしまうだろうなぁ。怖いの
 は確か!
            ★★★ きよみさん(女性・北海道)


 行き止まりの場所に死体を遺棄することの方が怖いよ
 うな気がする。犯人は近くの人間で捜査の進捗状況を
 観察しているとか…?
          ★★★ 今時の74歳さん(男性・千葉県)


 殺人事件の死体遺棄現場です、だなんて看板は今まで
 1度も見た事が無いけども、それは単に私がラッキー
 だったのだろうか? きっと遺族がたてた看板なので
 しょうが、夜見てしまうと体中ゾクッとなってしまい
 ますね。そこから先の運転がかなり危険かも?
        ★★★★ トドかなぁ?さん(女性・大分県)



                        ●



■「霊能力者」

 神社でお祓いする神主さんや、こういった霊能者と
 いう人、見えない私達にはどうしても疑いの目、演
 技としか見えないものです。天気予報を見て、その
 地域だけ豪雨。私ならここで信じるかも知れません。
 でも何故、ご両親はその霊能者を知ったのでしょう。
 何か不思議な体験でもあったのかなぁ?
              ★★★★ きよみさん(女性・北海道)


 私は、そのテの能力があるというなら、取り敢えず
 信じておくことにしている。
            ★★★★ 今時の74歳さん(男性・千葉県)



 写真を見ただけで誰かに何者かがとりついてるのが
 分る霊能力者という方に会った事が無いし、まして
 や除霊まで出来る本格的な方と知り合う機会はそう
 そう無いと思うので少しだけ羨ましい。
             ★★ トドかなぁ?さん(女性・大分県)



                        ●



■「将門の首塚」

 文章が良くできていて、本当の情景が浮かんでくる
 ような文章でした。私も見習わなければいけないと
 考えております。
 本当に良い書き方だと感心してます。
               ★★★★ 光道進さん(男性・タイ)


 ある霊能者の話だと、将門の首塚に眠るのは将門で
 はないと。将門は岩井市神田山、延命院の胴塚にい
 るみたいですよ!
               ★★★ きよみさん(女性・北海道)


 ご本人さんが納得していることに、余計な口は挟め
 ない。
           ★★★★★ 今時の74歳さん(男性・千葉県)


 将門さんは江戸の守り神。だから、うさぎさんをわ
 が子のように慈しんでくれているのかもしれませんね。
            ★★★★★ 石村りささん(女性・東京都)


 平将門の首塚は、その近辺で働いていた時期もある
 のに結局訪れる事の無かったトコです。
 平将門はその場所に首だけが飛んできたのだという
 云われがありますが、そんな筈は無いし、当時の将
 門の敵が彼を忌み嫌う存在だと皆に印象づける為に
 そう吹聴しただけでしょう。

 「置いてゆけ」と言われたからと言ってイメージの
 中だけとは言え自分の頭を塚に備えたってどういう
 事? って思ってしまいました。
 でも考え方が超ポジティブ!!
             ★★ トドかなぁ?さん(女性・大分県)


 神仏に真摯な態度で臨んだ場合、答えていただける
 こともあるのだなと思いました。投稿者さんはよかっ
 たですね。今後うまくいくことをお祈りします。
 でも私を含めた他の人は神仏と上手く接することが
 なんと難しいことだろう。
              ★★★★ やまねさん(女性・北海道)



                        ●



■「鬼灯の話」

 もう一つ怖さが足らないようにおもいました。
               ★★★★ 光道進さん(男性・タイ)


 神社は午前中は良いけど、夕方以降行かない方がい
 いと聞きます。神聖な場所で怪談話はダメだと思い
 ますので、そこから去って正解だったと思います。
              ★★★★ きよみさん(女性・北海道)


 寺の息子も今では跡を継いでいるのだろうか?
           ★★★★★ 今時の74歳さん(男性・千葉県)


 将門さんは江戸の守り神。だから、うさぎさんをわ
 そうそう、忌事ってのは守っておいた方がいいです
 よ。。。鬼灯の由来は勉強になったけれど。
              ★★★ 石村りささん(女性・東京都)


 これって超怖いじゃないですかぁ! 1話目で拍子
 抜けしてたから余計に何だか背中にピシッと1発く
 らった様な感覚です。

 鬼灯の由来は初めて知りました。でも確かに神社仏
 閣でする話ではないですよねぇ。霊が憑こうとなん
 て話は初耳でしたけど、それが怖い!神様や仏様は
 守ってはくれないんですね。
            ★★★ トドかなぁ?さん(女性・大分県)


 場所を考えないでこの類の話をしてはいけないとい
 う一番の例だなと思いました。本当に心霊は怖い。
             ★★★★★ やまねさん(女性・北海道)