本当にあった怖い話・不思議な話


新・泣ける怪談






「泣ける怪談」の新作です。
大好評だった単行本「泣ける怪談」と共にジーンとしてください。









「小さな呼び声」



  ある寒い冬の夜中のこと。


 妻や子供が寝静まったので、私は本を読みはじめた。
 面白い小説だったので、夢中になっていた。


 あれは午前一時頃だろうか。
 トントン、トントントン……
 軽く襖を外から叩くような音がする。


 隙間風だろうと思っていた。
 すると、またトントン、トントン……と。


 風にしてはリズムカルで変だなと思いながら、襖をちらっと見る。
 特に異常はなかったので、また本を読み続けた。


 目が活字を追った瞬間だった。
 襖の向こうから、遠慮がちな小さな呼び声がした。



       「おとうさん……、おとうさん……」



 どこか寂しそうな子供の声だった。
 親を求めて、叱られるのを覚悟しながら呼びかけている。


 てっきり子供が寝惚けて、私の部屋の前に来たのかと思った。
 本を閉じ、布団から出て襖を開けた。


 しかし、真っ暗な廊下には誰もいない。
 あれ? と思って、妻や子供の寝ている部屋を覗きに行った。


 みんなすやすや寝息を立てて寝ている。
 子供が起き出してやって来たという様子はない。


 背中に寒いものを感じ、思わず嫁を起こしてしまった。
 もちろん、嫁は迷惑そうに知らないという。


 しかし、私の耳にはあの寂しそうな幼い声が残っていた。
 現実に聞こえたのか、空耳だったのか、今ではわからない。


 ただ、あの魂に染入るような哀しい声は、何だったのだろう。
 小さな魂が彷徨っているとするなら、あまりにも不憫だ。。





  投稿 Y・Sさん(男性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    泣ける怪談の本を読む!