本当にあった怖い話・不思議な話


新・泣ける怪談






「泣ける怪談」の新作です。
大好評だった単行本「泣ける怪談」と共にジーンとしてください。









「落ちた額」



 その夜、両親は用事で出かけていた。
 家には弟と二人だけ。


 二人とも学校では剣道部だったので、木刀もあり不安はない。
 テレビやゲームで夜更かしした後、零時前には布団に入った。


 ガッシャーーーン!
 誰もいない家の中で、ガラスの割れる音がした。


 泥棒だったらまずいと、弟と二人木刀を持って見回ることに。
 窓ガラスを割って侵入したのかと、家の中を点検した。


 ところが、特に異常は見つからない。
 弟と二人で何だったんだろうと首を傾げながらも寝た。


 次の朝、母から妙なことを言われた。
 賞状の額が一枚落ちていると……。


 深夜に帰ってきた時は気づかなかったが、朝気づいた。
 額は確かに和室の床の隅に落ちていた。


 しかも、まるでそっとそこに置いたかのように。
 表面を下にして、歪みもせずに落ちていた。
 ガラスは木っ端みじんだったが、少しも飛散していない。


 誰も夜中に気づかなかったのは、そのせいかも知れない。
 弟と聞いたガラスの割れる音は、この額に間違いなかった。
 ただ、なぜ落ちたのかは不思議だった。


 額が飾ってある和室は両親の寝所。
 額はそれ1枚だけでなく、他にも何枚か飾ってある。


 きっちりと梁の溝に差し込まれており、自然には落ちない。
 地震ならわかるが、その場合は他の額も落ちるはず。


 いったい何だろうと不思議に思っていると、一本の電話があった。
 病床に伏していた伯父さんが、亡くなったという知らせ。



 亡くなったのは、
 ちょうど
昨夜の12時過ぎだという。



 突然の訃報に驚きながらも、母が言った。
 「伯父さんが来たんだよ。知らせに来たんだよ」


 それが誰しもが納得できる解釈だった。
 偶然の一致を超えた、異変。


 そっと置かれたように落ちた額。
 一片とも飛散せず割れていたガラス。


 伯父の最後の気遣いだったのかも知れない。





  投稿 F・Kさん(男性)
 ※メルマガ等掲載にあたり、雲谷斎が原文を全面的に訂正執筆しています。









怪談メルマガを読む!    泣ける怪談の本を読む!