本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


<読者のコワイ体験談>

【逢魔が時メルマガ2010.2月 ランキンランキン第7位 46.83点





−カーテンの隙間−


■■■ウィンターズ少佐さん(男性)からの投稿■■■





 ある年の六月初め、僕の小学校の五年生と六年生で宿泊学習に行った
 ときのことです。

 僕たちの部屋では、ほとんどの者が夜中の二時ぐらいまで起きて
 いました。
 六年生で最後の宿泊学習だったので、寝つけずみんなで雑談していた
 のです。

 夢中になって話していたのですが、たまたま僕がカーテンの方に
 目をやったとき。
 閉めたカーテンとカーテンの隙間の向こう、つまり窓の先の真っ暗な
 ベランダに誰かがいたんです。



 それは身長1メートルほどで、変な三角の帽子のような物を被った
 何かが一体か二体、僕らの部屋を覗いていたのです。




 そのとき部屋の中は、本の字が読めるか読めないかぐらいの明るさ
 だったので、ベランダの様子がよく確認できませんでした。

 僕は必死に見ていた目をそらし、隣りのS君に言いました。

 「ねぇ、あそこに何か見えない……?」
 「え、どこ。ホントだ、何だあれ!」

 カーテンの隙間から、その異様なものをS君も見届けました。

 どうすることも出来ずに見ていると、『それ』は隙間から明らかに
 僕たちに手を振ったりしたのです。
 僕はゾーっとしました。

 やがて部屋の他の者も僕たちの様子に気づいたらしく、
 カーテンの隙間に何か見える、ということはみんなの耳に入りました。

 そして部屋は『幽霊を信じる派』と『信じない派』に分かれ、
 とうとう、信じない誰かがカーテンをバァーッと開けてしまいました。

 しかし、そこには……誰もいませんでした。

 当然のことですが、僕たち信じる派はさんざん馬鹿にされました。
 朝になってベランダに出てみたら、そのベランダは幅5メートル、
 奥行き1メートルぐらいでした。

 ただ、僕たちの部屋は三階のいちばん端で、隣りは先生たちの部屋
 だったので人が侵入するのは不可能だったのです。

 あれは幽霊だったのでしょうか?
 それとも……宇宙人だったのでしょうか?

 それとも、深夜まで起きていたために見えた幻だったのでしょうか?
 今もその答えはわかりません。

                         (「視」カテゴリー)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
          ★雲谷斎のイッチョ噛み★

                ▼

「最近見た『フォースカインド』っちゅう映画を思い出したがな。
 そいつ宇宙人やったら、母船に拉致されて解剖されるかも知れまへん」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語