本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


<読者のコワイ体験談>

【逢魔が時メルマガ2010.2月 ランキンランキン第6位 48.60点





−二階の廊下−


■■■BECKさん(男性)からの投稿■■■





 私の実家では、たびたび怪奇現象が起こります。
 その中の一つをお話したいと思います。

 ある夜のことです。

 その日はたまたま父は夜勤、姉は遊びに行っており、
 私と母しか家におらず、二人で晩ご飯を食べていました。

 すると、二階の廊下で子供が歩くような足音がするのです。

 私の実家はとても古く、廊下を歩いたり部屋のドアを開け閉め
 するだけで、一階にいる者に聴こえるほどです。
 また時々、家の軋む音もします。

 だから、また廊下が軋んでいるんだろうと思い、
 さほど気にもしませんでした。

 しかし、しばらくすると、今度は二階の廊下を
 「トントントントン……」と軽い感じで走り回っている
 音がしました。

 私と母は思わず顔を見合わせました。

 「今の聴こえた?」

 私が訊くと、母はゆっくり頷き天井を見上げました。

 すると、まるで階下の私たちを挑発するかのように、



 「トントントントン、トントントントン……」と
 廊下を何度も何度も往復し始めたんです。




 私と母は怖いので二階に行くこともできず、
 ただ異変が治まるのを待つしかありませんでした。

 結局、二、三分その足音は続き、突然ピタッと治まりました。
 しかし、その後しばらくは怖くて二階に行けませんでした。
 
 あれは何だったのでしょう……?
 やっぱり子供の霊が廊下を走り回っていたのでしょうか。

                         (「聴」カテゴリー)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
          ★雲谷斎のイッチョ噛み★

                ▼

「そら、走ってたのがおかっぱ頭の子供やったら座敷童でめでたいけど、
 体が軽いだけのえげつないヤツちゅう、どんでん返しもあるからなぁ」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語