本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


<読者のコワイ体験談>

【逢魔が時メルマガ2010.4月 ランキンランキン第2位 52.83点





−廊下の奥−


■■■ユカさん(女性)からの投稿■■■





 私の一家は、昔、霊がよく出ると評判のマンションに住んでいました。
 その頃、姉が体験した話です。

 当時、受験生だった姉は塾を終え、いつものように夜遅くマンションへ
 帰ってきました。

 誰もいないエレベーターに一人で乗り込み、家のある十一階を押して、
 ボーッとしていたそうです。
 すると突然、八階でエレベーターが停止し、ガラガラと扉が開きました。

 階数表示のランプは点いていないのにと、不思議に思った姉が、
 扉の外に何気なく目をやると、正面に続く薄暗い廊下の奥から
 人がゆっくりと歩いて来ました。

 誰だろうと、目を凝らしてよく見ると……。



 その人物は片方の肩がダラ~ンと傾き、
 顔は腫れ上がり、白目を向いた男の子だったのです。




 足を引き摺るように、こちらにジワジワと向かってくる男の子を見て、
 慌てて扉の「閉」ボタンを連打し、家のある階まで逃げるように帰って
 きたといいます。


                         (「視」カテゴリー)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
          ★雲谷斎のイッチョ噛み★

                ▼

「男の子の風体を見ると、今どきのことやから虐待を疑いそうですねぇ。
 その階に、いったい何が棲んでたんですやろか……」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語