本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


<本 編>






∴‥∵‥∴‥∵ 学生寮の窓 ∵‥∴‥∵‥∴


投稿:ほへ太郎さん(男性)
執筆:雲谷斎



 卒業した大学から招待状が俺の住んでるタイに来た。
 H大学のH寮を壊して10周年だか何だか。
 皆であの頃を思い出して会いませんか、みたいな招待状だった。

 俺はそれを見た瞬間、反射的にゴミ箱へ捨ててしまった。
 もちろん懐かしさは感じたが、それと同時にあの嫌な体験も思い出して
 しまったからだ。

 大学は北海道のまだ自然が大きく残る都市にあり、その大学内にある
 寮はけっこう古い学生寮だった。
 大学在学中、俺はずっと大学の寮に住んでいた。

 家賃が激安だし、古いので部屋は狭いが、学生二人で同居していた。
 窮屈だったが、俺のような寂しがり屋で怠け者にはとても住みやすい
 環境だった。
 俺の四年間は、この寮が中心だと言っても過言ではない。

              *

 話は変わるが、俺にはKという一つ下の後輩がいた。
 ヤツは柔道部で、なぜか市内に実家があるというのに寮に住んでいて、
 性格の真っ直ぐな良いヤツだった。

 たまに会っては一緒に馬鹿をやったり、飲んだりしていた。
 俺が二年の頃、学校からヤツと一緒に寮まで歩いて帰ったことがある。
 六月とはいえ、北海道の夏にはまだ早く肌寒い黄昏時だった。

 「……あれ?」
 Kが素っ頓狂な声を上げた。

 「どうした?」
 「いや……おかしいな。俺の部屋の窓から誰かが覗いてた気がしたん
 すよ。ま、気のせいでしょうね」
 「はぁ……何だそれ?」

 俺が見上げたKの部屋には、沈みかけた西日がくぐもって反射して
 いるだけで何も見えなかった。
 話はそのまま他のくだらない話へとシフトしていった。

 じつはその頃、俺は大学の学園祭の部員をやっており、
 寮の怖い話などというネタを集めていた。

 その中に『帰省中に帰ってくる幽霊』という話があった。

 『その部屋は過去何度も自殺があり、その幽霊がお盆に戻ってくるので、
 お盆中は帰省すること。でないと貴方もあちらの世界に呼ばれる……』
 という、まぁよくある話だった。

 ところがよくよく調べてみれば、その部屋とはKが住んでいる部屋
 だったのだ。

 冗談半分で、
 「お前、こういう訳だから、お盆は寮に残っちゃだめだぞ。
  家が大学からそう離れてないんだからちゃんと帰れよ」
 と言ったのを覚えている。

 彼が痩せてきたのは、いつからだったろうか……。

 ある日、久々に道で会ってあっと驚いた。
 まるで別人のように痩せ細り、無表情で歩くKを見たからだ。

 何気なさを装って話しかけたが、今にして思うとあれは『死相』
 だったのかも知れない……。

               *

 四年生になった夏。
 大学生活最後のお盆も近づいた頃、俺は実家に帰る予定があり、
 荷物整理をしていた。

 ちょうど一息つき、みんなの集まる大部屋で一服していると、
 Kもそこにいた。

 「夏休みどうすんの? まぁ俺は実家帰るわ……」
 よもやま話に花が咲いていると、Kが俺の部屋に来ませんかと言う。
 「おう、そうすっか」
 俺は従った。

 大部屋で話している時は、以前と同じ笑顔とまっすぐな瞳のK
 だったが、彼の部屋に着いた途端、彼の目の中の光が澱むのを感じた。

 ……心なしか、空気が重くなる。

 彼は突然口を開いた。
 そう、突然意外なことを話し出した。
 はじめ俺には何のことだかさっぱりだった。

 「先輩……先輩……覚えてますか? 先輩。あの時のこと。
  俺、二人で帰り道歩いた時に、誰かが俺の部屋から覗いてたって
  言ったことあったじゃないですか……」

 そこまでしゃべったKは、一呼吸置いた。

 「じつは、覗いてたってのは……あれ、俺自身だったんですよ」

 「俺が覗いてたんです。俺自身が白目を剥いて俺を見つめてたんです。
  俺の部屋からね、アハハ。あの時、とても不吉な気がしたので
  言わなかったんですけど。でも、やっぱりあれは俺だったんです。
  白目を大きく開けて覗いてたのは……俺だったんです。アハハハハ」

 『な……何、馬鹿な事を突然に……』

 その話を聞いた瞬間、俺はここにいてはいけない。
 この部屋から出ないと、出て行かないとダメだ、という非常に不安な
 気持ちになった。

 部屋自体がなぜか茶色く見えはじめている……。

 曖昧な返事のまま、Kの部屋を逃げるように出た。
 そして、次の日の早朝には実家に帰った。
 それが俺とKの最後だった。

 それから二週間も経たない間に、Kは自殺した。
 寮の自分の部屋で……。

 第一発見者によると、部屋中の壁は血だらけだったそうだ。
 手首の動脈を切っただけでは死に切れなかったのだろう、
 カッターで首の頚動脈を何度も切ろうとした経緯が残っており、
 苦悶を浮かべた凄惨としか言いようのない姿だったという。

 夏休みだったので、寮生はみんな帰省していて発見が遅れたことも
 命取りになり、死後一週間ほど経っていた。

 知らせを受け、俺もすぐに寮に戻った。
 もちろんKの遺体はすでに実家に戻されていた。

 見たくもない自殺現場を、好奇心旺盛な友達の誘いで半ば強引に
 見に行った。
 部屋はなぜか、茶色のような赤錆のような色で覆われていた。

 そう、俺が最後にヤツと話した時に感じた色そのものだった。
 ……俺は吐き気を覚えた。

 結局、Kは自殺原因がわからないままだった。
 遺言もないため「心不全」として処理された。

 葬式当日、俺は荼毘にふしたKの棺を見ながら、
 あの時、Kが呟いたことが頭から離れなくなっていた。

 「先輩……先輩……。あの時、部屋から白目を剥いた俺が、
  俺を見つめていたんだ。見つめていたんだ。見つめていたんだ」

 俺はそれが気になりながらも、いつもの生活と就職活動に
 明け暮れる毎日に戻っていった。

               *

 秋も深まり、ある日の肌寒い夕暮れ時。
 講義が終わり、友達と寮へ戻る時だった。

 研究の成果、将来の不安、色々なことに押し潰されそうに
 なっていた俺は突然「えっ!」と驚きの声を上げた友達に
 ふと我に返った。

 どうしたのか訊いてみるが、なぜか言い淀む友達。

 「いや……気のせいだと思うから気にしないでくれ」

 そう繰り返し、そこから先を言おうとしない。
 どうにか説得して聞いてみると、

 「絶対気のせいだと思うんだけど、とりあえず正直に話すわ。
  気にするなよ」




 
友達は続けた。

 

 
「いや……例の部屋からKがこっちを見ていたんだよ。
  今は空き部屋になってるからそんなはずはないし、光の加減だと
  思うけど、Kがこっちを見ていたような。お前の方を見ていた」




 唖然とする俺を尻目に、友達は下を向いて吐き捨てるように言った。

 「……しかも、あいつの隣に、お前に似た姿のヤツがいた」

 俺はあまりの恐怖に戦慄した。
 しかし、本当に俺がそこに立っていたのかどうか、そして奴らは
 白目を剥いていたかどうか……怖くて、それ以上詳しくは聞くことが
 できなかった。

 この一件以来、どうも心に何かわだかまりができ、俺の大学生活は
 砂を噛んだような終わりを迎えた。

 もう二度とこの寮には来ない……。心ひそかに決意もした。

               *

 話は今に戻る。
 そんなことを思い出しながら、懐かしい大学時代の友達にチャットで
 連絡を取ってみた。

 『久しぶり、元気か? ところでこの式、お前も出席するのか』
 『はぁ、何言ってるの? 暑さでやられた?(笑)』
 『いやだから、寮の取り壊し記念十周年だか何だかなんだろ?
  よく読まないで捨てたけど……お前行くのかよ? 
  まだ北海道にいるんだろ? 俺の代わりに行って来いよ。
  懐かしいよなー。皆元気かな?』

 が、チャットの書き込みに冷たく現実に引き戻された。

 『いやだから、お前何言ってるの? そんな式あるわけないじゃん。
  誰からも聞いてねぇよ。招待状? はぁ? 誰かのいたずら
  じゃねーの? 現にあの寮、取り壊してなんてしてねぇよ。
  ま、老朽化のために誰も住んではいないんだけどな。廃墟だ、廃墟」

 唖然とする俺を笑うかのように、窓が鳴いた。

 それから気を取り直してゴミ箱を漁ってみるも、そんな招待状など
 どこにもない。

 そういえば……どうやって俺のタイの住所がわかったんだろう。
 メルアドならまだしも、住所なんて大学時代の友達には言ってない。

 今も目を瞑ると思い浮かぶシーンがある。

 誰も住んでいないあの寮から覗くKの姿。
 そして、その横には俺の姿……。

 今もあの窓から誰かを覗いているのだろうか……。
 誰かが来るのを待っているのだろうか……。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

        <本編「学生寮の窓」データ>

 ■原作投稿者:ほへ太郎さん(男性)
 ■2008年度 読者が選ぶランキンランキン第1位  79.36点
 ('08年に発行した逢魔が時物語」メルマガ掲載話の読者採点結果)

 投稿された話を大切にしながら、雲谷斎が加筆・執筆しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります


本当にあった怖い体験談を募集しています
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語