本当にあった怖い話・不思議な話
逢魔が時物語


★メルマガ ランキンランキンご感想★





────────────────────────────
◆【車にかかわる怪談】2017.06.30発行メルマガへのご感想◆
────────────────────────────






車にかかわる怪談★星獲得ランキン
         (★5つが最高点)

  「赤い液体」 ★★★★
   「白い塊」  ★★★
  「眩しい光」 ★★★



■「赤い液体」 ★★★★

  車という閉鎖された空間で死角から目の前に向けて挑発して
  こられたら…。たまらなくビックリ!!さらに時間差攻撃&場所
  差攻撃、トランクから…こんにちは…はいらない!


■「白い塊」 ★★

  なんのパフォーマンスか…。なんでしょね〜。


■「眩しい光」 ★★★

  個人個人を特定して守ってくれる方がいるのですよね。
  助けられる人、命を持って行かれる方…。日頃の行いがものを
  言うのかなぁ。因果は巡る〜過去世〜現世

                             みわたつさん(男性・福岡県)

                         


■「赤い液体」 ★★★★

  もし自分が体験したら?と思うと、超コワイ。 「人を引いたかも?」
  と思ってしまう体験も十分に怖いのに、何故かトランクに目を見開
  いた女性って .... 引いたのなら下に引っ掛けてズルズル引っ
  張ってきちゃった方が怖いけど現実味がある。車を処分する前に
  お祓いとかしなくて良かったのでしょうか? 他人事ながらきになっ
  てしまいます。


■「白い塊」 ★★★★★

  やっぱり幽霊なんでしょうね。生きてたら大雨の仲、傘もささずに
  道にしゃがみこんでる事は無いでしょうからね。あったら怖い。
  白いワンピースに腰まである黒髪って、正に幽霊の特徴をその
  まんま模写してる気がして怖い。よく無事に帰れましたね。良かっ
  たです。


■「眩しい光」 ★★★

  このお話、コレ自体はそう恐ろしい話では無いと思うし、守護霊が
  居るのなら有難い話でもある。ただ、今は私の実家のある九州で
  暮らして居るが、昔は東京で暮らしていて、年に数回の帰省の度
  に主人のみが運転で実家に帰っていた。

  勿論途中で何度も食事休憩やトイレ休憩等ははさんでいたが、
  運転好きな主人は車中泊などは一切せずにひたすらアクセルを
  踏んでいた。

  眠いと感じたら10分でも20分でもPAで休むからとは言ってたが、
  それを言うと負けだと言わんばかりに何も言わずに走っていた。
  もしあの頃、こういう事が起こっていたら?と考えるとゾッとするお
  話でした。

                               ゴマ妻さん(女性・大分県)

                         

■「赤い液体」 ★★★★★

  めっちゃ怖い・・・。トランクの中にいるのはやめてほしいです。


■「白い塊」 ★★★

■「眩しい光」 ★★★★

                                豆狸さん(女性・山口県)

                         

■「赤い液体」 ★★★★

  その山道で過去何があったか?連れて帰ってしまったという
  話ですね。怖い。。。


■「白い塊」 ★★★

  何故?そんな所に?横を通ることが出来てよかったです。
  通せんぼしてたらどうする?


■「眩しい光」 ★★

  居眠り運転…若い頃にありますが、一瞬で景色が変わるんで
  すよ。何事もなくよかったです。守護霊さんが強いのかも…

                             王 軽人さん(男性・大阪府)

                         

■「赤い液体」 ★★★★★

  雨の日の街道、高速道路はこわい。 運転される方々に同情
  します。


■「白い塊」 ★★★★

  1番目の話とこの話。どちらも雨がキーワードかも知れません。
  水場は呼ぶと聞きますしねぇ...。気をつけねば。


■「眩しい光」 ★★★★

  眩しいのは自転車でも御免ですが。事故らずなによりだと思い
  ます。

                              やまねさん(女性・北海道)







本、CDなど、コワイもの逢魔売店にあります
本当にあった怖い体験談を聞かせてください
読者3万人が震えるメルマガ逢魔が時物語